月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

5000m松枝&坂東の富士通コンビは世界との差を痛感


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のイブニングセッション、男子5000m予選。日本勢は世界との差をまざまざと見せつけられる結果となる。

予選通過ラインは2組5着+5人。1組には坂東悠汰(富士通)が出場した。スローな展開になる中で坂東は集団後方でレースを進める。トップ集団は1000m2分50秒59、2000m5分43秒50、3000m8分34秒38というスプリットタイムを刻んだ。

その後、ケニア勢がペースを上げて、集団は縦長に。残り4周を切って、坂東が苦しくなる。トップ集団は4000mを11分13秒23で通過すると、坂東は5秒近い差をつけられた。

15人が残り1周でスパート合戦を繰り広げると、ラスト1周を54秒06で走破したN.K.キメリ(ケニア)が13分38秒87で1着。着順通過の5着は13分39秒42で、坂東は14分05秒80の17着でレースを終えた。

「想定内のレース展開になり、3000mまでは少し余裕を持って走れていたんです。しかし、ペースが切り替わって、『あ、ヤバい』と思った後、一気に脚が止まってしまいました……」

坂東はホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会(7月17日)の1500mで日本歴代6位の3分37秒99をマーク。終盤のスピードには自信をつけたはずだったが、ラスト勝負に入る前に脚が残っていなかった。

「学生時代からトラックの日本代表を目標にやってきたので、オリンピックを走れたことは本当にうれしいです。でも、みなさんの期待に応えられなかったことは悔しい。東京五輪を経験して、『強くなった』と言われるように、これからもっと練習していきたいと思います」

24歳で東京五輪に出場した坂東。国立競技場で味わった悔しさを糧に大きく成長することを期待したい。

2組目に出場したのは同じ富士通の松枝博輝。「13分41秒64以内の10着」という〝決勝進出ライン〟を見つめてレースを進めた。

松枝は集団後方に位置取ると、先頭は1000mを2分50秒76で通過。ここからペースが上がり、2000mは5分36秒09、3000mを8分21秒06で通過した。残り4周でD.フィカド(バーレーン)が転倒。松枝は巻き込まれたわけではなかったが、トップ集団についていくことができない。その後はズルズルと後退して、14分15秒54の最下位(18着)に沈んだ。

「ずっと力を使わないように、あえて集団後方でマークしている選手を遠目で見ながら走っていたんです。転倒と同時に、レースが動いたので、うまく気持ちの切り替えができなかったですね。オリンピック東京にが決まってから、海外の練習やレースを意識的に入れてきました。自分の中では特別な感情なく戦いたかったんですけど、それができませんでした」

M.カティル(スペイン)が13分30秒10で1着を奪ったレース。決勝には2組から5人が拾われ、「13分34秒11」が通過ラインになった。終盤のスピードが持ち味の松枝には絶好のレース展開になったが、そのチャンスを生かすことができなかった。

「ラストの走りには自信があったので、自分の良さを出せないまま終わってしまい、情けないですね。ここに立ちたかった選手はたくさんいます。だからこそ、ただ走るだけで終わらせたくなかった。こんな結果になってしまい申し訳ない気持ちです」

ともに日本長距離界にとっては厳しい現実を突きつけられたかたちになったが、夢の舞台で感じた悔しさを今後に生かしてほしい。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com