月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mH泉谷&金井が決勝進出への大一番! やり投・小南拓人は予選突破へ期待/今日の五輪見どころDAY6


モーニングセッションで最初に日本代表が登場するのは、男子やり投の小南拓人(染めQ)。10時35分からの予選Bグループに登場する。予選通過記録は83m50、それをクリアした人数が12人に満たない場合はA・Bの中から記録上位順に12人まで決勝へ進む。12年ロンドンのディーン元気(現・ミズノ/9位)、前回リオの新井涼平(スズキ/11位)に続き日本人3大会連続の決勝進出なるか。

何と言っても最も注目なのは11時から行われる男子110mハードル。予選を通過した泉谷駿介(順大)と金井大旺(ミズノ)が決勝進出に挑む。

泉谷は日本選手権で13秒06の日本新を樹立し、堂々のメダル候補として東京五輪に向かった。予選は13秒28(-0.2)で2着通過。この記録はセカンドベストで五輪日本人最高記録だった。準決勝は3組7レーンで、2つ隣に世界王者G.ホロウェイ(米国)がいるが、自分のレースができれば決勝進出の可能性は高い。

金井は予選で13秒41(-0.1)の3着通過。自己記録は13秒16を持ち、「五輪の準決勝にピークが来るように」と計画してきたように、持てる力を発揮すれば決勝進出の可能性は十分。今シーズン限りでの引退を表明し、歯科医となるために医学の道へと進む覚悟の金井。目標のファイナル進出で道を開けるか。

この種目は「世界から最も遠いトラック種目」とまで言われていたが、活況の日本勢が一気に世界レベルとへと駆け上がった。世界選手権を含め初のファイナルへ。舞台は整った。

19時からの女子1500m準決勝には田中希実(豊田自動織機TC)が挑む。田中は7月31日の5000m予選は敗退したものの、8月2日午前に1500mの予選を4分02秒33の日本新を樹立して準決勝へ。卜部蘭(積水化学)とともに女子1500m初五輪を果たした田中が、準決勝でどんな走りを見せるか。

この日から十種競技と七種競技がスタート。2日間にわたってキング&クイーン決定戦が行われる。十種競技は世界記録保持者のK.メイヤー(フランス)とD.ワーナー(カナダ)の争いに注目。七種競技はN.ティアム(ベルギー)とK.ジョンソン・トンプソン(英国)が優勝候補だ。

イブニングセッションのトリを飾るのは21時55分からの男子200m。残念ながら日本勢の進出はならなかったが、世界トップスプリンターが名を連ねる。注目は米国のN.ライルズとE.ナイトン。ライルズは19年7月から10連勝中で、自己ベストは19秒50(世界歴代4位)を持ち、ドーハ世界選手権も優勝している。だが、準決勝は最後流した影響で3着通過。3レーンが入ったことがどう影響するか。17歳のナイトンはウサイン・ボルトのU20世界記録を破った逸材。準決勝も横を確認しながら20秒01でトップ通過してきた。スーパースターが誕生するかもしれない。

前日に驚異的な世界記録が誕生した男子400mハードルだが、女子も勝負・記録ともに注目を集める。世界記録保持者D.ムハンマドとS.マクラフリンの米国対決で、こちらも世界記録樹立が優勝に近づくだろう。

男子800mは混戦模様。全米王者のC.マーフィー、31歳になったF.チェルイヨット(ケニア)らが王座候補だ。女子3000m障害はドーハ世界選手権優勝のB.チェプコエチ(ケニア)に“世界連覇”が懸かる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com