月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

100mHカマチョ・クインが12秒37!陸上でプエルトリコ史上初金メダル 準決勝で五輪記録


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技4日目

陸上競技4日目のモーニングセッションで女子100mハードルの決勝が行われ、J.カマチョ・クイン(プエルトリコ)が12秒37(-0.3)をマークして優勝。陸上競技ではプエルトリコ史上初、全競技を通じて2人目の金メダル獲得となった。

カマチョ・クインは準決勝で12秒26の五輪記録を樹立。決勝は9台目に脚をぶつけてバランスを崩しながらも圧巻の走りでフィニッシュした。

世界記録12秒20を持つK.ハリソン(米国)が12秒52で2位、3位にはジャマイカのM.タッパーが滑り込んだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com