月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子1500m日本人初出場!卜部蘭は自己ベスト更新も予選敗退「素直に悔しい」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技4日目

陸上競技4日目のモーニングセッションで女子1500m予選が行われた。2組に卜部蘭(積水化学)が出場し、4分07秒90秒をマーク。日本歴代3位となる自己新を出したが、組9着で、1組目の総合結果により、全3組6着と7位以下の記録上位6人が進める条件の準決勝進出はならなかった。

「全力で戦って今の力が世界でどのくらいなのかを感じたい」とスタートした卜部。序盤、5、6番手の集団の中盤でレースを進める。だが、ラスト1周で接触があり「先頭集団で勝負できなかったのは素直に悔しかった」と振り返る。

この種目では日本人初の五輪となった卜部。東京出身、国立競技場からもほど近い場所で育った地元で力走を見せた卜部は、「またこの舞台でリベンジできるように力をつけていきたい」と、次を見据えていた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com