HOME ニュース、海外

2021.07.28

非公認ながら100mの欧州記録を上回ったウィルソンがドーピング違反確定で東京五輪出場取り消し
非公認ながら100mの欧州記録を上回ったウィルソンがドーピング違反確定で東京五輪出場取り消し


スポーツ仲裁裁判所(CAS)は7月28日、男子短距離のアレックス・ウィルソン(スイス)について、世界陸連から上訴されていたドーピング違反による出場停止処分を認めると発表した。これにより、東京五輪の出場資格が取り消される。

ウィルソンは3月のドーピング検査で、ステロイドの陽性反応を示した。4月に暫定的な出場停止処分が下ったが、ウィルソンは米国でステロイドが混入された牛肉を無意識のうちに食べたと主張。スイスオリンピック委員会などはそれを認め、今月始めに処分を解除した。

しかし、世界陸連がCASに上訴。それが認められ、スイスオリンピック委員会などが決めた解除が取り消しとなり、再度出場停止が課されることになった。ウィルソンは東京五輪に100mと200mの両方でエントリーしていたが、いずれも出場できなくなる。

ウィルソンは出場停止処分が解除された後、7月18日に米国で行われた競技会に出場。100mでは欧州記録を0.02秒上回る9秒84、200mではスイス記録を上回る19秒89をマークした。しかしその後、機器に不具合があったとして記録が公認されなかった。

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は7月28日、男子短距離のアレックス・ウィルソン(スイス)について、世界陸連から上訴されていたドーピング違反による出場停止処分を認めると発表した。これにより、東京五輪の出場資格が取り消される。 ウィルソンは3月のドーピング検査で、ステロイドの陽性反応を示した。4月に暫定的な出場停止処分が下ったが、ウィルソンは米国でステロイドが混入された牛肉を無意識のうちに食べたと主張。スイスオリンピック委員会などはそれを認め、今月始めに処分を解除した。 しかし、世界陸連がCASに上訴。それが認められ、スイスオリンピック委員会などが決めた解除が取り消しとなり、再度出場停止が課されることになった。ウィルソンは東京五輪に100mと200mの両方でエントリーしていたが、いずれも出場できなくなる。 ウィルソンは出場停止処分が解除された後、7月18日に米国で行われた競技会に出場。100mでは欧州記録を0.02秒上回る9秒84、200mではスイス記録を上回る19秒89をマークした。しかしその後、機器に不具合があったとして記録が公認されなかった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top