月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪1日目のスタートリスト発表!3000m障害1組目は日本記録保持者・三浦龍司


7月30日に初日を迎える東京五輪の陸上競技。1日目のスタートリストが発表された。

日本代表の初陣を飾るのは9時15分に始まる走高跳で、戸邉直人(JAL)と衛藤昂(味の素AGF)で、衛藤がグループAの試技順1番目。戸邉はグループBの9番目に入った。

トラックは9時30分から始まる男子3000m障害が日本代表のスタート。1組目には日本記録保持者の三浦龍司(順大)が切り込み隊長として決勝進出を目指す。2組目に青木涼真(Honda)、3組目に山口浩勢(愛三工業)が入った。11時25分からの400mハードルは、2組目8レーンに山内大夢(早大)、4組目3レーンに黒川和樹(法大)、5組目8レーンに安部孝駿(ヤマダホールディングス)。この種目の世界記録保持者K.ワルホルム(ノルウェー)は3組目の8レーンに登場。もう一人の注目選手R.ベンジャミン(米国)は安部と同じ5組目で6レーンに入った。

イブニングセッション、19時から始まる女子5000m予選は1組目に萩谷楓(エディオン)と廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、2組目に田中希実(豊田自動織機TC)が入った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com