月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

最終聖火ランナーは大坂なおみ、そして開幕へ!!/東京五輪開会式


大坂なおみの手によって聖火台に聖火が灯った(写真/時事)

東京五輪の開会式が行われ、そのフィナーレを飾るのは聖火リレー。最終走者はプロテニスプレイヤーの大坂なおみが務めた。

3月25日に福島県から始まり、121日をかけて47都道府県で行われた国内の聖火リレーは、この日の昼に東京都新宿区の都庁へと到着。コロナ禍の影響で多くが公道でのリレーを行えないなど紆余曲折ありながらも、聖火はまず、柔道男子の野村忠宏さん、レスリング女子の吉田沙保里さんという五輪3連覇コンビの手によって国立競技場内へ運ばれた。

次に、長嶋茂雄、王貞治、松井秀喜というプロ野球のレジェンド3氏の手に。そして医師と看護師の医療従事者2人を挟み、夏冬両方のパラリンピックで金メダルを獲得した土田和歌子選手が中央の聖火台へ向かって運ぶと、これまで出演してきたキャストがひまわりの花を持ち、ひまわりの道を作る。

聖火台の手前には岩手、宮城、福島県出身の子供たち6名が待ち、聖火を受け取ると、いよいよ聖火台の前へ。そこに待っていたのが大坂だった。

大坂が台上中央の富士山をモチーフにした山の間に立つと、その上にある太陽をモチーフにした球体が徐々に開き出し、階段を上り始めた大坂。日本人の母と、配置出身の父を持つ大坂さんが、多様性と協調をテーマにした大会の開幕を告げるように聖火を灯した。

1年の延期を経て、東洋五輪がついに開幕。史上最多となる33競技339種目で熱戦が繰り広げられ、陸上競技は7月30日から最終日までの10日間、48種目が行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com