月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

競歩で五輪2大会代表の藤澤勇が現役引退「競技人生はかけがえのないもの」


ALSOK陸上部は、所属する藤澤勇の現役引退を発表した。藤澤は12年ロンドン、16年リオと2大会連続で20km競歩で代表に。世界選手権も09年ベルリン、15年北京、17年ロンドンと2大会で代表だった。

藤澤は長野県出身。中野実高から山梨学大を経て2010年からALSOKに加入。日本選手権は12年に優勝してるもののビッグタイトルになかなか届かないが、ロンドン五輪では日本人最高位の18位など、どんな大会でも上位に顔を出す安定感抜群のウォーカーだった。自己記録は20kmが1時間17分52秒(日本歴代7位)。

藤澤は所属先を通し「入社してから11年間の長きにわたり、ALSOKの名を背負って競技をさせていただけたことに今は感謝の気持ちでいっぱいです」とコメント。今後は社業に専念するという。

藤澤勇のコメント
「このたび私、藤澤勇は現役生活を終えることを決意いたしました。入社してから11年間の長きにわたり、ALSOKの名を背負って競技をさせていただけたことに今は感謝の気持ちでいっぱいです。私の競技人生において特に思い出として残っているのは、2021年の全日本競歩輪島大会の出場までの過程です。2020年の全日本競歩輪島大会の中止が発表されて、もう1年競技を続行するのか自分のなかで葛藤をしていましたが、所属のALSOKをはじめ本当に多くの方々にサポートをいただき再びスタートラインに立つことが出来ました。これまでの競技人生は、私にとってかけがえの無いものとなりました。今後は、社業に従事しながらALSOKに貢献できるよう日々精進してまいります。陸上競技で経験したことを活かし、お世話になった方々へ恩返ししていきたいと思います。これまで沢山のご声援を本当に有難うございました。心より感謝申し上げます」(原文ママ)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com