月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ドーハ世界選手権男子1500m金メダリスト・チェルイヨットが東京五輪代表に、ケニア代表選考会4位から繰り上げ


2019年ドーハ世界選手権優勝のT.チェルイヨット(ケニア)が今年の東京五輪代表に追加されたことがわかった。

チェルイヨットは6月中旬の五輪代表選考会(ナイロビ)で4位に終わり、代表選外となっていたが、2位に入った18歳のK.エチャングが代表から外れるため、繰り上がった。

ケニアのアスリートは主要大会の10ヵ月前に競技会以外で少なくとも3回のドーピング検査を実施しなければならないが、エチャングはこの条件を満たしていなかった。近年のドーピング発覚が多発したケニアでは、ドーピングリスクの高い国(カテゴリーA)としてこの規則が適用されている。

チェルイヨットは7月9日のダイヤモンドリーグ(モナコ)で今季世界最高の3分28秒28を出している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com