月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子4継銅メダリスト・藤光謙司が第一線退く意向を表明 リオ五輪代表、世界選手権4度出場

2016年リオ五輪の男子200m代表で、世界選手権4度出場の実績を誇る短距離の藤光謙司(ニューネックス)が第一線を退く意向を自身のホームページ等で発表した。

藤光は市浦和高2年時に世界ユース選手権に出場(200m準決勝、メドレーリレー銅メダル)して初の国際舞台を経験すると、その後は2009年頃から約10年間、日本代表として活躍。2015年には200mで日本歴代2位(現4位)の20秒13をマークし、翌年のリオ五輪のほか、世界選手権には09年ベルリン、13年モスクワ、15年北京、17年ロンドンと日本代表として出場し、ロンドンでは4×100mリレーの4走として銅メダル獲得に貢献した。

33歳を迎えた2019年には世界リレー横浜大会の4×200mリレーで4走を担うなど、近年はベテランとして若手を牽引する姿も見られた。

以下、藤光のコメント(原文ママ)

「日頃から応援、 サポートしていただいている皆様にご報告です。私、 藤光謙司は約22年間続けてきた陸上選手としての競技活動に区切りをつけることに致しました。東京オリンピック出場に向けて日々トレーニングを行ってきましたが出場は叶いませんでした。叱咤激励し挑戦を応援し続けて支えてくださり本当にありがとうございました。
山あり谷ありの競技人生でしたがこれまで指導やサポートをしてくださったコーチやスタッフ、 スポンサーの皆様、 トレーナーや友人、 ファンの皆様、 そして家族のみんなの支えと環境に恵まれ、 ここまで競技を続けてくることができたと感じております。競技を通して多くの経験をさせていただき成長できましたことに感謝を感じております。
次のステップに進むことになりますが引き続き応援していただけたら幸いです。今後につきましては追ってご報告させていただきます」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com