月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

立命大の吉田弘道 走幅跳で日本歴代8位の8m14!朝原氏の記録破る28年ぶり関西学生新/兵庫県選手権


兵庫県選手権(7月10、11日/ユニバー記念競技場)の男子走幅跳で、吉田弘道(立命大)が6回目にマークした8m23(+3.1)で優勝した。この記録は追い風参考となったが、5回目には8m14(+1.7)のビッグジャンプ。日本歴代8位、学生歴代4位にランクインし、1992年に朝原宣治(同志社大)が樹立した8m13の関西学生記録を28年ぶりに更新した。

吉田は姫路商高出身で、立命大の4年生。これまでのベストは2年前にマークした7m88(-1.4)だったが、昨年の8月に行われたAthlete Night Gamesでは追い風参考ながら8m05(+2.7)をジャンプ。今年の日本選手権は7位入賞していた。

なお、兵庫県選手権では弟の吉田正道(姫路商高2)が7m35で3位。今季は7m45をマークしてインターハイでも上位候補に挙がる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com