月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走高跳日本記録保持者・戸邉直人が挑む初五輪「2m40を跳んで金メダルを目指す」


男子走高跳で東京五輪代表に決まった戸邉直人(JAL)が、内定を受けてオンラインで会見を行った。

陸上界で“プラチナ世代”29歳の戸邉。同期には大迫傑(Nike)や飯塚翔太(ミズノ)、安部孝駿(ヤマダホールディングス)、岡田久美子(ビックカメラ)など、ともに五輪に内定した選手たちがそろう。なかで戸邉は中学、高校と日本一を経験し、2010年の世界ジュニア選手権では銅メダルを獲得した。2019年には2m35の日本記録を樹立。だが、これまで世界選手権は15、17、19年と3度出場しているものの、オリンピックは初出場となる。

「正式に内定して実感が湧いてきました。今は本番に向けた想定をしながらトレーニングを再開したところです」と戸邉。昨シーズンはコロナ禍により練習環境が変化し、試合も中断した。そのため、「基礎的なウエイトトレーニングな、体力面をつけていった」ため、なかなか調子が上がらなかったという。しかし、「体力面が向上したら、それに合わせて技術を変えないといけない。ひと冬超えていいかたちで試合ができている」。今季は「コントロールして試合数を抑えてきた。安定して2m30を跳べている」と手応えをつかんでいる。

東京五輪の目標は「金メダル」。筑波大時代から師事してきた図子浩二氏が2016年に他界。「ずっと『エビデンスベースで練習をやれよ』と言われてきた。それがトレーニング理論の中心にある」。自身の身体、パフォーマンスで研究を重ねてきた戸邉。恩師とは「ずっと金メダルを目標にしてきたので、結果を出して報告したい」と語る。

国立競技場のサーフェイスは「スーパーXという素材で、海外でもよく採用されているので戦い慣れています」と、世界を転戦してきた経験値が行きそうだ。

「体力的には自己ベストを狙えると思っています。日本選手権では助走の1歩目のバウンディングの部分で浮いてしまっていたので、その後の動きが良くなかったので、そこを修正しています。良い形になってきた。本番ではまず2m35の自己ベストを跳べればメダルを狙える。2m40で金メダルを目指します」

日本が世界に誇る天才ジャンパーが、ついにオリンピックの舞台に降り立つ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com