月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

やり投・北口榛花 東京五輪でメダル獲得に向け「1ヵ月、大切にしっかり練習を積んでいきたい」


女子やり投で東京五輪代表に内定した北口榛花(JAL)が、内定を受けてオンラインで会見を行った。

66m00の日本記録を持ち、今年の日本選手権で優勝して東京五輪代表を勝ち取った北口。北海道出身で、スイミングやバドミントンに励んでいたが、旭川東高入学後から陸上を始め、やり投で数々の記録を塗り替えてきた。16年の世界ユース選手権(U18)では世界一にも輝いている。

幼い頃から夢見てきたオリンピック代表を決め、「これまで(苦労など)いろいろあったことに対してこみ上げてくることはあります」とホッとひと安心。一昨年のドーハ世界選手権では予選落ち。あと数センチあればファイナルという状況だっただけに悔しさを挽回するチャンスがやってくる。

コロナ禍で1年延期したことで「チェコのコーチに直接見てもらえないのは影響がありましたが、体力面はアップしました。そのぶん、今の投げ方にチャレンジできています」と北口。走り込みの成果でスピードもアップした。昨年から幾度か助走を変更しているが、今は10歩の保持走のスピードを生かすため、助走のクロスステップを2歩増やして構えを作るための時間を作っている。日本選手権も「あの感覚ならもっと跳んでもいいのに、と少し納得いっていません」と、課題と手応えをつかみつつある。

今後はディビッド・シェケラックコーチも来日予定。「早く一緒に練習がしたいです」。東京五輪で目指すのはメダル獲得。「そこに向けてこの1ヵ月、大切に、しっかり練習を積んで、特別な舞台で最高の結果を出せるように頑張ります」。北の大地が生んだ大器が、東京の空にビッグアーチを架ける。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com