HOME 東京五輪、日本代表、五輪
やり投・北口榛花 東京五輪でメダル獲得に向け「1ヵ月、大切にしっかり練習を積んでいきたい」
やり投・北口榛花 東京五輪でメダル獲得に向け「1ヵ月、大切にしっかり練習を積んでいきたい」


女子やり投で東京五輪代表に内定した北口榛花(JAL)が、内定を受けてオンラインで会見を行った。

66m00の日本記録を持ち、今年の日本選手権で優勝して東京五輪代表を勝ち取った北口。北海道出身で、スイミングやバドミントンに励んでいたが、旭川東高入学後から陸上を始め、やり投で数々の記録を塗り替えてきた。16年の世界ユース選手権(U18)では世界一にも輝いている。

広告の下にコンテンツが続きます

幼い頃から夢見てきたオリンピック代表を決め、「これまで(苦労など)いろいろあったことに対してこみ上げてくることはあります」とホッとひと安心。一昨年のドーハ世界選手権では予選落ち。あと数センチあればファイナルという状況だっただけに悔しさを挽回するチャンスがやってくる。

コロナ禍で1年延期したことで「チェコのコーチに直接見てもらえないのは影響がありましたが、体力面はアップしました。そのぶん、今の投げ方にチャレンジできています」と北口。走り込みの成果でスピードもアップした。昨年から幾度か助走を変更しているが、今は10歩の保持走のスピードを生かすため、助走のクロスステップを2歩増やして構えを作るための時間を作っている。日本選手権も「あの感覚ならもっと跳んでもいいのに、と少し納得いっていません」と、課題と手応えをつかみつつある。

今後はディビッド・シェケラックコーチも来日予定。「早く一緒に練習がしたいです」。東京五輪で目指すのはメダル獲得。「そこに向けてこの1ヵ月、大切に、しっかり練習を積んで、特別な舞台で最高の結果を出せるように頑張ります」。北の大地が生んだ大器が、東京の空にビッグアーチを架ける。

女子やり投で東京五輪代表に内定した北口榛花(JAL)が、内定を受けてオンラインで会見を行った。 66m00の日本記録を持ち、今年の日本選手権で優勝して東京五輪代表を勝ち取った北口。北海道出身で、スイミングやバドミントンに励んでいたが、旭川東高入学後から陸上を始め、やり投で数々の記録を塗り替えてきた。16年の世界ユース選手権(U18)では世界一にも輝いている。 幼い頃から夢見てきたオリンピック代表を決め、「これまで(苦労など)いろいろあったことに対してこみ上げてくることはあります」とホッとひと安心。一昨年のドーハ世界選手権では予選落ち。あと数センチあればファイナルという状況だっただけに悔しさを挽回するチャンスがやってくる。 コロナ禍で1年延期したことで「チェコのコーチに直接見てもらえないのは影響がありましたが、体力面はアップしました。そのぶん、今の投げ方にチャレンジできています」と北口。走り込みの成果でスピードもアップした。昨年から幾度か助走を変更しているが、今は10歩の保持走のスピードを生かすため、助走のクロスステップを2歩増やして構えを作るための時間を作っている。日本選手権も「あの感覚ならもっと跳んでもいいのに、と少し納得いっていません」と、課題と手応えをつかみつつある。 今後はディビッド・シェケラックコーチも来日予定。「早く一緒に練習がしたいです」。東京五輪で目指すのはメダル獲得。「そこに向けてこの1ヵ月、大切に、しっかり練習を積んで、特別な舞台で最高の結果を出せるように頑張ります」。北の大地が生んだ大器が、東京の空にビッグアーチを架ける。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top