月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本記録保持者・福島千里、女子100m予選敗退「サポートしてくれた人に感謝」/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の1日目。女子100m予選が行われ、4組に入った100mと200mの日本記録保持者の福島千里(セイコー)は12秒01(+0.8)で4着。全5着で2着と3着以下の記録上位6人の準決勝進出はならなかった。

ケガが長引き期限ギリギリで日本選手権出場にこぎつけた福島は「スタートラインに立てたことはサポートしてくれた人に感謝しかありません」と言う。その中で、「今季、最高の舞台でシーズンベストを出せなかったのは戦略的にも身体的にも足りていない」と振り返る。

日本選手権出場を決めた後は「オリンピックや世界大会に出た時と同じくらい『おめでとう』をもらった」。だからこそ、「1日ももたずに日本選手権が終わったのは申し訳ない気持ちでいっぱい」と言葉をつないだ。

これで個人、そして4×100mリレーでの五輪代表入りは現実的に可能性がなくなった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com