月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

七種競技ヘンプヒル恵が2度目の膝手術 復帰目指し「強い選手で居続けたい」


七種競技で日本歴代2位の5907点を持つヘンプヒル恵(アトレ)が自身のSNSを更新。昨年の日本選手権で痛めた膝を手術していたことを明かし、復帰への意気込みを綴った。

ヘンプヒルは昨年9月の日本選手権・七種競技に出場。シーズン通して100mハードルで自己新をマークするなど好調で、日本選手権でも2017年以来となる自己新、そして日本新ペースで試合を進めた。だが、6種目めのやり投で脚を故障。テーピングをぐるぐる巻きにして最終種目の800mのスタートラインに立ったが、走ることなく競技を終えていた。

ケガは右膝前十字靱帯断裂で昨年手術をしていたことを明かす。ヘンプヒルは17年に夏にも練習中に左膝前十字靱帯を断裂して手術。試行錯誤しながらようやく完全復活間近でのケガということもあり、「3年の長い歳月をかけて、昨年やっと自己ベストを出すところまで頑張れてきました。その中での再び大きなケガ、心が壊れそうでした」と心境を打ち明ける。陸上を辞めようと思ったとも言うが、「入院中も退院後も毎日リハビリをして、身体を動かしていた」そうで、「きっと陸上が好きなんだと思います」と続けた。

そして「再び陸上の道のスタートを切りました」と再起に向けて動き出していることを表明。「速いだけの選手ではなく、強い選手で居続けたい。少しでも誰かの心を動かせる選手でありたい」と強い決意を綴っている。

中学時代からトップを走り続け、常に結果と記録を求められ、それに応えてきたヘンプヒル。これまで何度も逆境に打ち勝ち、泥臭く這い上がってきた。近年、女子七種競技の全体のレベルは飛躍的に向上。そのきっかけは間違いなくヘンプヒルの登場によってもたらされた。再び女王の座へ――時間がかかっても、必ず彼女はさらに強くなって戻ってくる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com