月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

欧州室内選手権/最速はイタリアのジェイコブス!60m6秒47で制す


ポーランド・トルンで欧州室内選手権が開催されている。大会3日目の3月6日には6種目で決勝が行われた。

男子60mではL.M.ジェイコブス(イタリア)が今季世界最高の6秒47で優勝を果たした。ジェイコブスは1994年生まれの26歳で、屋外100mの自己ベストは10秒03(2019年)で、同年のドーハ世界選手権では準決勝に進出している。走幅跳でも追い風参考ながら8m48の記録を持つ(公認での自己ベストは7m95)。女子走幅跳ではM.ベフ・ロマンチュク(ウクライナ)が今季世界最高の6m92をマーク。ドーハ世界選手権覇者のM.ミハンボ(ドイツ、6m88で2位)を抑えてこの大会を制した。

女子400mはF.ボル(オランダ)が50秒63の自己ベストでV。この種目で今季5度目のナショナルレコードを更新となった。男子400mはO.フシロス(スペイン)が46秒22のシーズンベストで制覇。女子棒高跳はA.モザー(スイス)4m75の自己ベストで、女子1500mはE.ヴァンデレルスト(ベルギー)が4分18秒44でそれぞれ優勝した。男子七種競技は1日目を終え、十種競技世界記録保持者のK.マイヤー(フランス)がトップに立っている。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com