月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

欧州室内選手権/五種競技ベルギーのティアムが室内世界歴代7位で優勝 インゲブリグトセンが男子1500mV


欧州室内選手権が3月4日~8日の期間、ポーランド・トルンで開催されている。決勝初日の5日は6種目で決勝が行われた。

女子五種競技(60mハードル、走高跳、砲丸投、走幅跳、800m)ではN.ティアム(ベルギー)今季世界最高、室内世界歴代7位の4904点で優勝。ティアムは16年リオ五輪、17年ロンドン世界選手権の女子七種競技金メダリストで、19年ドーハ世界選手権でも銀メダルを獲得している。

男子走幅跳はM.テントグルー(ギリシャ)が8m35の今季世界最高で制覇。2位のT.モントラー(スウェーデン)は8m31のナショナルレコードだった。男子1500mでは今季リストトップのJ.インゲブリグトセン(ノルウェー)が、レース中にレーン外へ押し出されレーン侵害で失格と判定されたが、異議申し立てが認められ3分37秒56で優勝となった。女子砲丸投は今季リストトップのA.ドンモ(ポルトガル)が19m34でV。男子砲丸投ではT.スタニェク(チェコ)が21m62のシーズンベスト、女子3000mではA-Eマルコフツ(英国)が8分46秒43の自己新でそれぞれ制した。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com