月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

駒大の礎を築いた森本葵氏が死去 64年東京五輪代表、日本記録29年破られず


1964年東京五輪男子800m代表で、駒大の箱根駅伝初優勝時に監督を務めた森本葵氏が2月28日、死去したことがわかった。81歳だった。

森本氏は三重県出身。宇治山田商工高(現・宇治山田商高)入学時は野球部だったが、走力を買われ部員不足だった陸上部に誘われ高校駅伝に出場。県大会で1区区間賞を獲得したのをきっかけに陸上の道へと進んだ。中大へ進学し、卒業後はリッカーに所属しながらドイツ・マインツ大へ留学。1962年、アムステルダムの競技会で1分50秒9の日本タイ記録をマークし、翌年には日本記録を4度更新。1分48秒1まで短縮した。

さらに64年には1分47秒4をマーク。この日本記録は1993年に小野友誠に破られるまで29年間保持し続けた。現在も日本歴代15位にランクインしている。同年、東京五輪800m代表となり優勝候補に挙がったものの、直前に肝炎を患い準決勝どまりだった。

66年バンコク・アジア大会を最後に現役を引退し、1969年より駒大陸上部の監督に就任。同大OBの大八木弘明(現・駒大監督)がコーチに就任した95年からさらに強化が進み、97年に出雲駅伝初優勝。翌年には出雲、全日本大学駅伝を制した。2000年には箱根駅伝初優勝を飾った。01年に監督を勇退した後は総監督、顧問を歴任。日本中距離界の伝説的選手で、今年の箱根駅伝で優勝を飾った駒大の礎を築いた名指導者だった。森本氏は昨年11月から病気のため入院していたという。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com