月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走高跳ドーハ銀・19歳のマフチフが室内世界歴代3位の2m06

2月2日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われた室内競技会の女子走高跳で、Y.マフチフ(ウクライナ)が室内世界歴代3位タイとなる2m06を跳んで優勝し、1995年にI.ババコワが出した2m05のウクライナ室内記録を塗り替えた。マフチフは2019年ドーハ世界選手権で2m04のU20世界記録を跳んで銀メダルを獲得している。この日は1m85から競技を開始。1m93は1回失敗はあったが、その後は1m96、99、2m01と1回でクリア。優勝を決めたあと、2m03を跳んでウクライナ室内記録を更新すると、バーを2m06に上げてこれも成功した。

男子走高跳では16年世界室内選手権覇者のG.タンベリ(イタリア)が2m31でV。タンベリは1月30日のイタリア・アンコーナの室内大会で2m32の今季世界最高を跳んでいる。今大会は世界陸連室内ツアー・シルバーラベルの大会だが、男子走高跳については、ゴールドラベル大会で新型コロナウイルスの影響で実施できなくなった大会があるため、今大会でのスコアが加点される。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com