月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

大阪国際女子マラソン長居公園内の2.8km周回コースに正式決定 世界陸連は公認済み


1月31日に予定されている大阪国際女子マラソンについて、新型コロナウイルスの影響により今大会に限って長居公園内の周回コースで開催すると、日本陸連が正式に発表した。すでに各メディアが報道していた。

新型コロナウイルスの感染拡大が進み、開催地である大阪府でも緊急事態宣言が発令。日本陸連と大会組織委員会は協議を重ねてきたという。緊急事態宣言下において政府が目安として提示している「イベントは最大5000人かつ収容率50%以下の制限内で、十分な感染防止策を講じる」をいう指標に沿うかたちで、参加標準記録を例年以上に厳しく設定することで参加者数を制限するなど対策を講じてきた。

しかし、「公道を使用するコースでは、御堂筋をはじめとする沿道の大規模な交通規制が、密集や密接といった感染リスクの拡大を誘発する可能性がある」という理由から、多数のボランティア人員などの安全を確保するため、公道を使用せずに長居公園内で開催すると決定した。

コースは1周2.8kmのコース上からスタートし、約15周してヤンマースタジアム長居をフィニッシュとする。すでに日本陸連による計測と世界陸連(WA)の公認は済んでいるため、記録も公認される。日本陸連は「現段階のコース変更は、参加頂く方々にとっては厳しい選択ではありますが、この大会に向けて懸命に調整を進めるランナーの期待に応え、いつも応援してくださる方々には安心してレースをテレビ中継で楽しんでいただくべく、コース変更の他にも可能な限りの感染対策を講じていきます」としている。

今大会は東京五輪女子マラソン代表に内定している一山麻緒(ワコール)、前田穂南(天満屋)らが出場予定。五輪でのメダル争いを見据えて「選手・強化・大会が一体となった、チームJAPANとして2005年に野口みずきがマークした日本記録2時間19分12秒を打ち破る高速レースを目指す」とし、今回に限り男子のペースメーカーを採用され、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、松村康平(三菱重工)、田中飛鳥(ひらまつ病院)の3人が務める。記録については女子単独レースではなく「男女混合マラソン」での記録として認められている。スタートは予定通り1月31日12時10分。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com