月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】“区間賞ゼロ“の創価大が往路を制覇!「復路は自分たちの力を発揮するだけ」

◇第97回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

出場4回目、11月の全日本大学駅伝にも出場できなかった創価大が往路でサプライズVを飾った。

レース前に優勝候補に挙げられていたのは、全日本で4位までに入った駒大、東海大、明大、青学大の4校。前回王者の青学大と全日本3位の明大が2区終了時で13位、17位と大きく出遅れた一方、東海大と駒大は3区終了時で1位、3位と、優勝候補で明暗が分かれた。

そんななか、1区(福田悠一/4年)で3位、2区(フィリップ・ムルワ/2年)で2位に浮上し、3区(葛西潤/2年)でも順位をキープするなど安定していたのが創価大だった。続く4区の嶋津雄大(3年)は前回10区で区間賞(区間新)を獲得している実力者。前を行く東海大の佐伯陽生(1年)を5.6kmで捕らえると、小田原中継所では2位に上がった駒大に1分42秒差をつけた。

「自分の役目と与えられたタイムで走ることを目標に走っていて、5区の三上(雄太/3年)に1位でタスキを渡せたことがうれしいです」(嶋津)

先頭でタスキを受けた三上は、初めての箱根駅伝を楽しむように山を駆け上がっていく。「最後は身体が動かないくらいキツかった」と振り返るが、区間2位の1時間12分05秒で20.8kmを走破し、初の往路優勝のフィニッシュテープを切った。

2019年2月に就任して2年目の榎木和貴監督は「1区の福田(悠一)から良いスタートを切り、2区の(フィリップ)ムルワ(2年)が2位と予定通りの流れを作ってくれた。3区と4区はしのぐ区間だと思っていましたが、この2区間で逆に押し上げてくれたおかげで5区の三上に良いかたちでつなぐことができました」とレースを振り返る。

前回の箱根では総合9位で初シードを獲得したものの、11月の全日本は選考会が中止になったことによる書類選考で落選。出場権を得ていた出雲駅伝も中止になるなど、早くから「箱根駅伝一本」にターゲットを絞ってきた。

わずか数年でここまで成績を上げてきた要因について指揮官は「特別なことは何もしていません。調整の段階でうまくハマったのと、走った5人が持てる力を100%出してくれた」と話す。ライバル校が苦戦するなか、1区から5区までの区間順位は3位、6位、3位、2位、2位と、すべて6位以内で走破。区間賞なしの往路優勝は2002年の神奈川大以来、19年ぶりだった。

2位の東洋大に2分14秒差をつけ、当然総合優勝も狙える位置だが「当初は総合3位以内を目標にしていたので、復路は他大学とのタイム差よりも自分たちの力を発揮するだけです」と、榎木監督。あくまでも謙虚な姿勢を貫いたが、復路にも前回9区区間6位と好走している石津佳晃(3年)を残すなど、まだまだサプライズを起こす可能性がありそうだ。

創価大学 5時間28分08秒 往路優勝
1区福田悠一(4年) 1.03.15(区間3位)
2区P.ムルワ(2年) 1.07.18(区間6位)
3区葛西 潤(2年) 1.02.41(区間3位)
4区嶋津雄大(3年) 1.02.49(区間2位)
5区三上雄太(3年) 1.12.06(区間2位)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com