月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ロシアさらに2年間の資格停止 東京五輪、ユージン世界選手権は中立選手のみ出場

スポーツ仲裁裁判所(CAS)がドーピング問題で揺れるロシアの国際大会への出場を2年間禁止すると発表した。処分期間は現在からの2022年12月16日まで。21年に延期された東京五輪、22年ユージン世界選手権へのロシア選手団の出場は絶望的となった。期間中は国際大会で国旗・国歌の禁止のほか、大統領等の政府関係者が大会へ出席することも認められない(主催者等に招待された場合は除く)。特定の基準を満たし、CASにより認められた選手は中立選手として、期間中の国際大会への参加が可能とされている。

世界アンチ・ドーピング機関(WADA)はモスクワ研究所のデータ改ざんを理由に4年間の処分期間を求めていたが、期間が半減されたこととなる。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)はCASの裁定に不服があればスイス連邦最高裁判所に上訴できるが、連邦最高裁判所は手続き上の、あるいは人権の問題にのみ介入し、CASの解釈についての判断を下すことはないため、判断を覆すのは難しいものと見られる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com