月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】箱根駅伝エントリー選手発表!最多出身高は日本記録保持者も輩出したあのチーム!


2018年全国高校駅伝3位のメンバーのうち、1区の櫛田佳希(明大、前列左)、2区小指卓也(早大、前列中央)、3区松山和希(東洋大、前列右)、4区横田俊吾(青学大、後列左)がエントリーされた

第97回箱根駅伝のチームエントリーが12月10日に行われ、1チーム16人、21チーム計336人が選手登録された。
エントリー選手の出身高別で集計すると、11人がエントリーした学法石川(福島)が大会史上初めて最多となった。前回は9人で2位だった学法石川は2018年の全国高校駅伝で3位入賞のメンバーが4人登録されたほか、全国高校駅伝に出場経験のない選手もエントリーするなど、チーム力の高さを示した。
12月4日に行われた日本選手権では同校OBの相澤晃(東洋大→旭化成)が10000mで27分18秒75の日本新記録で優勝し、東京五輪代表に内定しており、後輩たちもその活躍に続きたいところだ。

2位は9人の佐久長聖(長野)。2017年に全国高校駅伝に優勝したメンバーのうち区間賞を獲得している中谷雄飛(早大)、本間敬大(東海大)、鈴木芽吹(駒大)がいずれも違う大学で名を連ねている。

3位は東農大二(群馬)、八千代松陰(千葉)、浜松日体(静岡)が7人で並び、6人がエントリーした埼玉栄(埼玉)、洛南(京都)、西脇工(兵庫)、倉敷(岡山)が続いた。

出身高の都道府県別では千葉が29人で4年連続トップ。23人の静岡が2年連続の2位。前回の13人から6人増の群馬が3位となり、以下兵庫、東京、宮城と続いた。

●出身高別エントリー選手
■11人 学法石川(福島)
エントリー選手(校名の後ろの数字は学年)
芳賀宏太郎(東京国際大3)、半澤黎斗(早大3)、久納碧(法大3)、横田俊吾(青学大2)、宗像聖(東京国際大2)、櫛田佳希(明大2)、小指卓也(早大2)、中澤雄大(中大2)、関根大地(拓大2)、松山和希(東洋大1)、高槻芳照(学生連合/東農大1)

■9人
佐久長聖(長野)
■7人
東農大二(群馬)、八千代松陰(千葉)、浜松日体(静岡)
■6人
埼玉栄(埼玉)、洛南(京都)、西脇工(兵庫))、倉敷(岡山
■5人
前橋育英(群馬)、市船橋(千葉)、専大松戸(千葉)、九州学院(熊本)、須磨学園(兵庫)
■4人
仙台育英(宮城)、東北(宮城)、東京実(東京)、島田(静岡)、伊賀白鳳(三重)、松山商(愛媛)、大牟田(福岡)、鳥栖工(佐賀)、大分東明(大分)

●都道府県別エントリー選手
29人  千葉
23人  静岡
19人  群馬
15人  兵庫
14人  東京
13人  宮城
12人  福島、埼玉、神奈川、長野
11人  愛知
9人  福岡、熊本、鹿児島
8人  大阪、岡山、佐賀
7人  茨城、栃木、三重、大分



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com