月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】5月の世界リレー男子マイル、男女混合、女子2種目で五輪出場権狙う男子4継はあくまで「参考」


日本陸連は11月12日に都内で理事会を開き、その後、尾縣貢専務理事と麻場一徳強化委員長が会見を行った。

主な議題としては、2021年度の競技会日程についてで、日本選手権については5月3日に10000mを静岡で開催し、6月12、13日に混成競技を長野市で実施。その他のトラック&フィールド種目については6月24日から27日までの3日間、大阪・ヤンマースタジアム長居で開催予定。その多くの大会日程が五輪関連のスケジュールやコロナ禍などを理由に「調整中」となっている。なお、大きな変更点では、U18・U16大会および日本選手権リレーを10月に愛媛県で行うことが決まっている。

また、東京五輪のリレー種目についての今後のスケジュールについても明らかになった。五輪に直結する大会としては、5月1日、2日にポーランド・シレジアで行われる世界リレーで入賞すれば代表枠を勝ち取ることができる。

その代表選手選考については男子が3月28日(場所未定)に実施予定の「男子世界リレートライアル(仮称)」が対象となる。女子についてはタイムによって世界リレーへの出場資格を得る必要があり、女子4×100mリレーが3月27、28日のタイで行われるアジアリレー選手権が選考競技会となる。また、女子4×400mリレーと男女混合マイルの女子については、3月19日から21日の南京での世界室内選手権およびアジアリレー選手権、そして4月上旬に予定している「女子世界リレートライアル(仮称)」が対象となる見込み。

世界リレーは東京五輪代表への選考を兼ねるが、すでに昨年のドーハ世界選手権で出場権を獲得している男子4×100mリレーについてはあくまで「参考競技会」とし、直接的な代表選手入りを懸けた場とはならない。

麻場委員長は「男子マイルについては、米国での合宿が途切れたのは残念だが、今後も継続して強化していく」とし、女子については「12月上旬にキックオフミーティングをして五輪の出場権獲得に向けて準備を進めていく」とした。

2021年度からマラソン日本選手権を「年指定から年度指定」に変更することも発表。通常、男子が福岡国際やびわ湖毎日、女子が名古屋、大阪など持ち回りで設定されており、尾縣専務理事は、「マラソン日本選手権の価値を高めていきたい」とその意図を明かした。具体的には21年度から方式も踏まえて検討していく。また、スポーツ庁長官に就任した室伏広治氏から日本陸連理事の辞任の申し出があったことを明かし、尾縣専務理事は「今後も団体として支援していきたい」と語った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com