月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【競歩】モスクワ五輪競歩銀メダリスト・リョパルト氏が死去 長く日本競歩界を指導


日本陸連がSNSを更新し、モスクワ五輪50km競歩の銀メダリストのジョルティ・リョパルト氏が11月11日に死去したことを報じている。68歳だった。

リョパルト氏は競歩スペイン代表として活躍。50km競歩で1978年欧州選手権で金メダルを獲得し、オリンピックでは80年モスクワ五輪銀メダル、84・88年にも出場を果たしている。1991年東京世界選手権にも出場。その後、今村文男(現・五輪強化コーチ)が師事し、2014年に競歩がJSCのターゲット種目に認定されてからは2020年東京五輪に向けた強化にも携わり、昨年ドーハ世界選手権で2種目金メダルを取るまでに成長した日本競歩界に大きく貢献した。

17年に石川県能美市で行われた全日本能美競歩に訪れていた際には、観戦中に意識を失い、心肺停止となったが、今村コーチらによる心臓マッサージやAEDを用いて一命を取り留めていた。

日本陸連はSNSに英文で感謝と哀悼の意を表明した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com