月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】富士通が2年ぶり3回目のVで前回の雪辱果たす/東日本実業団駅伝


第61回東日本実業団対抗駅伝は3日、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場を発着する7区間76.4kmで、来年正月に開催される全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場権を懸けて行われ、富士通が3時間36分43秒で2年ぶり3回目の優勝を飾った。
富士通は1区浦野雄平(富士通)の区間賞でレースの主導権を握り、2区を2位で通過すると、3区の東京五輪マラソン代表・中村匠吾で再び首位へ。6区でGMOインターネットグループとHondaが浮上し、3つ巴の争いが繰り広げられたが、7区の塩尻和也で終盤に抜け出した。前回17位に終わりニューイヤー駅伝出場を逃した雪辱を果たした。
創部5年目で初優勝目指したGMOインターネットグループが26秒差の2位。3位にはHondaが入った。SUBARUは5区で途中棄権した。
また、上位12チームまでがニューイヤー駅伝の出場権を獲得し、埼玉医科大学Gが初出場を決めた。

<上位成績>
1位 3時間36分43秒 富士通
2位 3時間37分09秒 GMOインターネットグループ
3位 3時間38分00秒 Honda
4位 3時間39分38秒 ヤクルト
5位 3時間39分40秒 日立物流
6位 3時間39分47秒 カネボウ
7位 3時間40分49秒 JR東日本
8位 3時間41分22秒 コニカミノルタ
9位 3時間42分17秒 サンベルクス
10位 3時間43分20秒 埼玉医科大学G
11位 3時間43分56秒 NDソフト
12位 3時間44分00秒 コモディイイダ
<区間賞>
1区 38分26秒 浦野雄平(富士通)
2区 22分31秒 マサイ サムウェル(カネボウ)
3区 47分41秒 設楽啓太(日立物流)
4区 23分18秒 坂東悠汰(富士通)
5区 23分50秒 島貫温太(GMOインターネットグループ)
6区 23分31秒 渡邉利典(GMOインターネットグループ)
7区 35分53秒 塩尻和也(富士通)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com