月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】東海大、青学大、駒大の指揮官が「優勝」を公言/全日本大学駅伝前日会見

「連覇」に向けて自信を深めている東海大の両角速駅伝監督(左端)。その右はキーマンとして挙げられた名取燎太(写真は前回大会)

11月1日に開催される全日本大学駅伝の前日会見が31日にオンラインで行われ、前回1位から3位までに入った東海大、青学大、駒大の指揮官が出席した。

まず今大会のテーマを聞かれ、前回王者の東海大・両角速駅伝監督と同3位の駒大・大八木弘明監督は「感謝と恩返し」と回答。前回2位の青学大・原晋監督は「コロナに負けるな大作戦」と、恒例の作戦名を発表した。目標順位は3者とも「優勝」を明言し、東海大は連覇を、青学大は2年ぶり、駒大は6年ぶりの頂点へ自信を持っている様子だった。

優勝へのカギを握る選手として、両角監督は「アンカーの名取(燎太)」、原監督は「2区、3区に入った三大駅伝初出場の2人(近藤幸太郎、中村唯翔)」、大八木監督は「1年生」をピックアップ。原監督と大八木監督は「明治大学」を警戒しているチームとして挙げ、原監督は「早稲田大学も前半はトップに立つ可能性がある」とレース展開を予想した。

2年前から1区~7区の区間距離が変更となり、終盤の7区(17.6km)、8区(19.7km)が長距離区間として重要視されるようになった。両角監督は「トップと30秒差であれば、(8区の)名取なら十分逆転可能」と話し、これに返すかたちで原監督は「アンカーまでに最低30秒はリードがほしい」とコメント。大八木監督も最終8区には自信を持っているようで、「(トップと)30秒くらいだったら何とかしてくれるかな。(東海大の)名取君と同じくらいでタスキを受けたら面白いレースができる」と話した。

各校の区間エントリーはすでに発表されているが、当日に選手変更が可能。各チーム主力選手を補欠に配置して様子をうかがっており、指揮官が描いている区間戦略に注目が集まる。レースは明日の朝8時05分にスタートする。

■秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会
11月1日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km
大会HP
区間エントリーはこちら
みどころ【展望】東海大の連覇か、青学大と駒大の王座返り咲きか、〝3強〟を早大、順大らが追う/第52回全日本大学駅伝

■シード校(前回上位8校)
東海大学     7大会連続33回目
青山学院大学   8大会連続10回目
駒澤大学    25大会連続27回目
東京国際大学   2大会連続 2回目
東洋大学    13大会連続28回目
早稲田大学   14大会連続26回目
國學院大學    6大会連続 8回目
帝京大学     6大会連続13回目

■北海道
札幌学院大学   3大会連続27回目
■東北
東北大学    2大会ぶり14回目
■関東
日本大学     2大会ぶり41回目
中央学院大学   8大会連続14回目
明治大学    13大会連続14回目
順天堂大学    4大会連続25回目
山梨学院大学   3大会ぶり31回目
日本体育大学   3大会連続42回目
城西大学     4大会連続9回目
■北信越
信州大学    5大会ぶり14回目
■東海
皇學館大学   4大会連続4回目
■関西
立命館大学   20大会連続32回目
関西学院大学   2大会連続10回目
京都産業大学   8大会連続48回目
びわこ学院大学   初出場
■中国四国
広島経済大学  2大会ぶり23回目
■九州
日本文理大学  4大会ぶり10回目



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com