月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】群馬高校駅伝 男子・東農大二が2年連続29回目の全国 石田洸介が1万m28分37秒50


全国高校駅伝の予選会を兼ねた群馬県高校駅伝が10月31日、新型コロナウイルスの影響を考慮して伊勢崎市陸上競技場のトラックレースで開催され、男子は東農大二が2時間4分18秒(2時間4分17秒23)で優勝し、2年連続29回目の都大路出場を決めた。

駅伝の距離をトラックに反映させ、7レース10000m、3000m、8107.5m、8087.5m、3000m、5000m、5000mで実施。東農大二の1区は、5000mで13分34秒74の高校記録を持つ石田洸介(3年)が走り、高校歴代7位の28分37秒50をマークした。その後は全区間(レース)で組トップだった。

女子も同様のかたちで行われ、常磐が1時間9分42秒(1時間9分41秒36)で3年連続20回目の全国大会出場を決めた。

全国高校駅伝は12月20日、京都で開催される。

決定済みの出場校一覧はこちら※随時更新



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com