HOME 中学

2020.10.18

【砲丸投】坂山成が地元・全中中止の悔しさ晴らす逆転V/全国中学
【砲丸投】坂山成が地元・全中中止の悔しさ晴らす逆転V/全国中学


 ◇全国中学生陸上(10月16日~18日/神奈川・日産スタジアム)3日目

 中学日本一を決める全国中学生大会の3日目が行われ、女子砲丸投で坂山成(多気3三重)が最終投てきの4回目に自己新記録の15m11をマークして逆転で優勝を飾った。

 昨年の全日本中学校選手権(全中)で2年生ながら4位となり、今大会でもランキングトップの記録を持ち、優勝候補として臨んだ坂山。1投目はファウルとなったが、「焦りはなかった」と落ち着いていた。一方、山田真央(御幸山3愛知)が1投目から自己記録を大きく更新する14m80をマークしトップに立ち、坂山は追いかける立場に。それでも2投目に14m40、3投目には自己記録を4cm塗り替える14m66を投げて2位で最終投てきを迎えた。
 最終投てきの前に顧問の加藤邦佳先生から「もっと高く砲丸を突き出そう」とアドバイスを受け、「最後は気持ちで投げた」という最後の一投は砲丸が15mを示す白いラインを越えた位置に着地。両手を上げて喜んだ坂山は「今までにない感触で、投げた瞬間に(15mに)いったと思いました。今までで一番の投げができました」と笑顔で話した。
 
 今年8月に三重県伊勢市で全中が開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止。地元で開催される大舞台での活躍を目指していただけに、目標を失いモチベーションが下がる時もあったという。それでも「先生やチームメイトから励まされ、この全国大会で優勝することに気持ちを切り替えられることができました」と練習に臨み、見事に日本一の夢を実現させた。

■女子砲丸投
1位 15.11 坂山  成(多気3三重)
2位 14.80 山田 真央(御幸山3愛知)
3位 14.52 濵田 桃子(和白3福岡)
4位 14.24 堀野  遥(本庄南3埼玉)
5位 14.12 オボルディ衣乃帆(酒々井3千葉) 
6位 14.09 坂 ちはる(富田林二2大阪)
7位 14.05 迫田 明華(瀬野川2広島)
8位 14.01 桑原 安那(土沢3神奈川)

 ◇全国中学生陸上(10月16日~18日/神奈川・日産スタジアム)3日目  中学日本一を決める全国中学生大会の3日目が行われ、女子砲丸投で坂山成(多気3三重)が最終投てきの4回目に自己新記録の15m11をマークして逆転で優勝を飾った。  昨年の全日本中学校選手権(全中)で2年生ながら4位となり、今大会でもランキングトップの記録を持ち、優勝候補として臨んだ坂山。1投目はファウルとなったが、「焦りはなかった」と落ち着いていた。一方、山田真央(御幸山3愛知)が1投目から自己記録を大きく更新する14m80をマークしトップに立ち、坂山は追いかける立場に。それでも2投目に14m40、3投目には自己記録を4cm塗り替える14m66を投げて2位で最終投てきを迎えた。  最終投てきの前に顧問の加藤邦佳先生から「もっと高く砲丸を突き出そう」とアドバイスを受け、「最後は気持ちで投げた」という最後の一投は砲丸が15mを示す白いラインを越えた位置に着地。両手を上げて喜んだ坂山は「今までにない感触で、投げた瞬間に(15mに)いったと思いました。今までで一番の投げができました」と笑顔で話した。    今年8月に三重県伊勢市で全中が開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止。地元で開催される大舞台での活躍を目指していただけに、目標を失いモチベーションが下がる時もあったという。それでも「先生やチームメイトから励まされ、この全国大会で優勝することに気持ちを切り替えられることができました」と練習に臨み、見事に日本一の夢を実現させた。 ■女子砲丸投 1位 15.11 坂山  成(多気3三重) 2位 14.80 山田 真央(御幸山3愛知) 3位 14.52 濵田 桃子(和白3福岡) 4位 14.24 堀野  遥(本庄南3埼玉) 5位 14.12 オボルディ衣乃帆(酒々井3千葉)  6位 14.09 坂 ちはる(富田林二2大阪) 7位 14.05 迫田 明華(瀬野川2広島) 8位 14.01 桑原 安那(土沢3神奈川)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top