月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【砲丸投】坂山成が地元・全中中止の悔しさ晴らす逆転V/全国中学


 ◇全国中学生陸上(10月16日~18日/神奈川・日産スタジアム)3日目

 中学日本一を決める全国中学生大会の3日目が行われ、女子砲丸投で坂山成(多気3三重)が最終投てきの4回目に自己新記録の15m11をマークして逆転で優勝を飾った。

 昨年の全日本中学校選手権(全中)で2年生ながら4位となり、今大会でもランキングトップの記録を持ち、優勝候補として臨んだ坂山。1投目はファウルとなったが、「焦りはなかった」と落ち着いていた。一方、山田真央(御幸山3愛知)が1投目から自己記録を大きく更新する14m80をマークしトップに立ち、坂山は追いかける立場に。それでも2投目に14m40、3投目には自己記録を4cm塗り替える14m66を投げて2位で最終投てきを迎えた。
 最終投てきの前に顧問の加藤邦佳先生から「もっと高く砲丸を突き出そう」とアドバイスを受け、「最後は気持ちで投げた」という最後の一投は砲丸が15mを示す白いラインを越えた位置に着地。両手を上げて喜んだ坂山は「今までにない感触で、投げた瞬間に(15mに)いったと思いました。今までで一番の投げができました」と笑顔で話した。
 
 今年8月に三重県伊勢市で全中が開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止。地元で開催される大舞台での活躍を目指していただけに、目標を失いモチベーションが下がる時もあったという。それでも「先生やチームメイトから励まされ、この全国大会で優勝することに気持ちを切り替えられることができました」と練習に臨み、見事に日本一の夢を実現させた。

■女子砲丸投
1位 15.11 坂山  成(多気3三重)
2位 14.80 山田 真央(御幸山3愛知)
3位 14.52 濵田 桃子(和白3福岡)
4位 14.24 堀野  遥(本庄南3埼玉)
5位 14.12 オボルディ衣乃帆(酒々井3千葉) 
6位 14.09 坂 ちはる(富田林二2大阪)
7位 14.05 迫田 明華(瀬野川2広島)
8位 14.01 桑原 安那(土沢3神奈川)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com