月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【やり投】ディーンが来季への“覚悟”語る 「東京五輪で最高のパフォーマンスを」


見事な復活を遂げた男子やり投のディーン元気(ミズノ)

 男子やり投のディーン元気(ミズノ)が10月19日、リモートで共同取材に応じ、「進化」と「進歩」を確認した2020年の振り返りと、1年延期となった東京五輪に向けた2021年への意気込みを語った。

 8月のセイコー・ゴールデングランプリで自己セカンドベスト、社会人になって初の80mスローとなる84m05をマーク。ロンドン五輪で決勝に進出(10位)するなど大躍進した早大3年時(2012年)以来となる大アーチを、新しい国立競技場の空に架けた。「冬季にやってきたことは間違いじゃなかった。パフォーマンスの出し方を、これで脳に刻むことができた」と大きな手応えをつかんだという。

 その一方で、「高い技術を維持する難しさを感じた」のが10月1日の日本選手権。序盤から記録が伸び悩み、5投目に80m07と大台に乗せてトップに立ったものの、最終6投目に81m57を放った同期の新井涼平(スズキAC)に逆転負けを喫した。

 新型コロナウイルスの世界的蔓延の影響で東京五輪が延期されるなど、激動の2020年。だが、ディーンにとっては、「84mを出せたという収穫と、80mを試合中のどのタイミングで投げないといけないのか、それを再確認した1年。いい反省を持って冬季に臨めると思います」と話す。

 兵庫・市尼崎高ではインターハイのやり投と円盤投の2冠に輝き、MVPにも選ばれた。早大1年時には世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得し、20歳では父の母国で開催された五輪の舞台、それもファイナルの場に立った。

 しかし、ロンドン五輪前後から左脇腹、右脇腹、右肩など故障が相次ぎ、記録は低迷。「思い切ったパフォーマンスができなくて、長く、もどかしい時間を過ごしてきた」と振り返る。

 それでも、その間にも「身体の進化」を感じていた。これほどのブランクがありながらもトップシーンへの復帰を果たすといのは、トップアスリートとしては稀なこと。「スポーツを通して、あきらめなことの大切さを伝えていければ」という想いもある。

 昨年の冬季は、東京五輪に向けて覚悟を持って4ヵ月という長期間の海外合宿を敢行した。激しいウエイトレーニング、それをやり投に生かすための技術練習、さらにはトレーニングでいじめ抜いた身体を回復させて次の練習へと向かうための徹底した自己管理。クラウドファンディングで資金を募ったことも、その“覚悟”の1つだ。

 母と自身の母国で開かれる五輪だからこそできた取り組みを、もう1度やる。これは、口で言うほど簡単なことではない。

 だが、今年12月で29歳。良くも悪くも経験を積み、やり投に直結する「努力の方向性」を見定める大切さを学んできた。すべては「東京五輪で最高のパフォーマンスを発揮するために」――。

「支援してくださった人たちの思いを背負って、今年の冬季も臨みたい。ボディービルダーの方たちは分単位で身体の管理をすると聞きます。それぐらいの覚悟を持ってやります」

 世界的なコロナ禍の状況次第だが、11月下旬から再びフィンランドへ渡り、東京への第一歩を踏み出す予定でいる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com