月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ウガンダに“チェプテゲイ・ロード”!? 首都カンパラ市長が検討


ウガンダのカンパラ市評議会(KCCA)が、カンパラ市内の主要な通りのひとつを、J.チェプテゲイの名前を冠した名称に変更することを検討している。現地メディアが報じている。

チェプテゲイは今年8月に5000m(12分35秒36)、10月に10000m(26分11秒00)で世界記録を樹立した。これを記念しての名称改変であり、市長のルクワゴ氏は「彼は伝説であり、それに値する」と話している。対象となる通りの候補はいくつか挙っているが未定である。

チェプテゲイはトラック2種目の世界記録のほか、ロード種目でも5km、15kmでも世界歴代最高記録をマークしており、10kmや2マイルもナショナルレコードを保持している。今週末の10月17日には世界ハーフマラソン選手権(ポーランド)出場を予定している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com