月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】全日本大学女子駅伝エントリー発表 女王・名城大と大東大の一騎打ちか


10月25日に開催される「全日本大学女子駅伝」のエントリー選手が10月9日に発表されている。3連覇中の名城大はエースの加世田梨花や髙松智美ムセンビと和田有菜の3年生コンビ、小林成美ら充実のメンバーがそろう。一方、3年連続で2位の大東大も、3000m障害で日本インカレワンツーの吉村玲美、秋山祐妃のほか、今季はレースに出場していない鈴木優花、大学院に進学した関谷夏希もエントリーされた。

大会は10月25日、仙台市陸上競技場を出発し、仙台市役所前をフィニッシュとする6区間38.1kmで争われる。

エントリーはこちらから

■第38回全日本大学女子駅伝 出場チーム
●シード
名城大 22年連続22回目
大東文化大 10年連続10回目
立命館大 31年連続31回目
松山大 13年連続13回目
日本体育大 9年連続32回目
城西大 26年連続27回目
大阪学院大 12年連続27回目
関西大 13年連続13回目
●北海道
札幌国際大 4年連続 4回目
●東北
東北福祉大 14年連続18回目
関東
拓殖大 3年連続 3回目
順天堂大 2年ぶり27回目
東洋大 8年連続 8回目
中央大 2年連続29回目
●北信越
新潟医療福祉大 9年連続 9回目
●東海
中京学院大 2年連続 2回目
●関西
大阪芸術大 5年連続 8回目
京都産業大 27年連続27回目
佛教大 3年連続19回目
関西外国語大 2年ぶり 6回目
京都光華女子大 7年ぶり 4回目
●中国四国
環太平洋大 2年連続 3回目
●九州
福岡大 11年連続32回目
鹿屋体育大 2年ぶり16回目
●オープン参加
石巻専修大



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com