HOME 高校

2024.06.17

三段跳は中学・高1最高記録保持者の菅野穂乃がV 嶋田昊やり投62m04 渡部舜400mH51秒97で制す/IH東北
三段跳は中学・高1最高記録保持者の菅野穂乃がV 嶋田昊やり投62m04 渡部舜400mH51秒97で制す/IH東北

24年インターハイ東北地区大会女子三段跳で1位となった菅野穂乃

◇インターハイ東北地区大会(6月14~17日/福島・とうほう・みんなのスタジアム)3日目

福岡インターハイの出場権を懸けた東北地区大会の3日目が行われ、女子三段跳は菅野穂乃(山形市商2)が12m20(+1.4)で制した。

この日は七種競技前半4種目にも出場し、慌ただしい1日だった菅野。3回目に12m08(+1.4)をマークしてトップに立つと、最終跳躍でさらに12cm伸ばした。

菅野は中学最高記録(12m27)、高1最高記録(12m34)保持者。昨年のインターハイでは7位に入り1年生入賞を遂げている。

男子やり投は、64m63の自己記録を持つ嶋田昊(米沢中央3山形)がセカンドベストの62m04でV。男子走高跳は嶋田のチームメイト・笹原光稀(3年)が、自己ベストと2cm差の2m07で優勝した。

女子棒高跳は3m50をマークした今井颯希(山形市商3)が、女子砲丸投は12m08をプットした浜谷梨緒(青森北3)がいずれも2連覇。男子400mハードルは渡部舜(郡山東3福島)が51秒97で制している。

全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

◇インターハイ東北地区大会(6月14~17日/福島・とうほう・みんなのスタジアム)3日目 福岡インターハイの出場権を懸けた東北地区大会の3日目が行われ、女子三段跳は菅野穂乃(山形市商2)が12m20(+1.4)で制した。 この日は七種競技前半4種目にも出場し、慌ただしい1日だった菅野。3回目に12m08(+1.4)をマークしてトップに立つと、最終跳躍でさらに12cm伸ばした。 菅野は中学最高記録(12m27)、高1最高記録(12m34)保持者。昨年のインターハイでは7位に入り1年生入賞を遂げている。 男子やり投は、64m63の自己記録を持つ嶋田昊(米沢中央3山形)がセカンドベストの62m04でV。男子走高跳は嶋田のチームメイト・笹原光稀(3年)が、自己ベストと2cm差の2m07で優勝した。 女子棒高跳は3m50をマークした今井颯希(山形市商3)が、女子砲丸投は12m08をプットした浜谷梨緒(青森北3)がいずれも2連覇。男子400mハードルは渡部舜(郡山東3福島)が51秒97で制している。 全国インターハイは7月28日から8月1日に福岡・博多の森陸上競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

インターハイ東北大会優勝者一覧をチェック!

●男子 100m 鳥谷部陽向(三沢3青森) 10秒58(-2.2) 400m 髙水明(帝京安積3福島)   47秒96 800m 菊池晴太(盛岡四2岩手)   1分52秒20 1500m 簡子傑(仙台育英2宮城)  4分04秒78 ※日本人トップ(2位) 田中翔(青森山田2青森) 4分05秒03 5000m ジェームス・カルリ(青森山田2青森) 13分53秒23 ※日本人トップ(3位) 近江亮(仙台育英2宮城) 14分11秒12 400mH 渡部舜(郡山東3福島)    51秒97 5000m競歩 大竹雄大(郡山東3福島) 21分57秒82 4×100mR 弘前実(青森) 40秒35=大会新 走高跳 笹原光稀(米沢中央3山形) 2m07 棒高跳 保科心斗(山形中央3山形) 4m80 走幅跳 土屋拓人(聖和学園3宮城) 7m73(+1.1)=大会新 砲丸投 阿部佑樹(柴田3宮城) 16m12 ハンマー投 志賀悠一郞(九里学園3山形) 56m68 やり投  嶋田昊(米沢中央3山形)  62m04 八種競技 高橋駿士(会津学鳳3福島) 5969点=大会新 [adinserter block="4"] ●女子 100m 千葉安珠(常盤木学園3宮城) 11秒89(-1.3) 400m 松田陽和(山形市商3山形)   55秒59 1500m デイシー・ジェロップ(仙台育英3宮城) 4分19秒58 ※日本人トップ(2位) 黒田六花(仙台育英1宮城) 4分28秒81 400mH 中山帆乃(盛岡四3岩手)    62秒48  5000m競歩 鈴木莉緒(郡山女大附2福島)26分06秒62 4×100mR 常盤木学園(宮城) 47秒23 走高跳 山根希乃風(仙台二華3宮城) 1m69 棒高跳 今井颯希(山形市商3山形) 3m50 走幅跳 大道空(久慈3岩手) 5m62(-0.2) 三段跳 菅野穂乃(山形市商2山形)  12m20(+1.4) 砲丸投 浜谷梨緒(青森北3青森)   12m08 円盤投 宗像亜恋(郡山女大附3福島) 37m94 ハンマー投 阪本里菜(柴田農林川崎3宮城) 43m59 やり投 野地菜那(福島明成3福島)  43m54 2000m障害(インターハイ対象外種目)  佐々木芽生(仙台育英3宮城) 6分54秒54

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

月刊陸上競技2024年8月号別冊付録、福岡インターハイ完全ガイドの内容に一部誤りがございました。 ●5ページに掲載した久保凛選手(東大阪大敬愛2)の種目で、男子800mとなっていますが、正しくは女子800mです。以下に正 […]

NEWS 株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

NEWS U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

日本陸連は7月18日、ペルー・リマで開催されるU20世界選手権の日本代表選手を発表。女子800mで1分59秒93の日本新記録を樹立した久保凛(東大阪大敬愛高2)、男子800m日本選手権覇者の落合晃(滋賀学園高3)ら男子2 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top