HOME 海外

2024.06.08

NEWS
男子円盤投はチェーが制す!「ようやく自信を取り戻せた」 アレクナは3位 女子5000m・バットクレッティは大会新V/欧州選手権
男子円盤投はチェーが制す!「ようやく自信を取り戻せた」 アレクナは3位 女子5000m・バットクレッティは大会新V/欧州選手権

23年世界選手権円盤投2位のチェー

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ)

6月7日、イタリア・ローマで欧州選手権が開幕し、男子円盤投ではオレゴン世界選手権金メダルのクリスティアン・チェー(スロベニア)が68m08で優勝した。

有力者が顔を揃えパリ五輪の前哨戦となった男子円盤投。4月に74m35の世界記録を樹立しているマイコラス・アレクナ(リトアニア)に注目が集まったが、この日は「疲労があった」と精細を欠いて67m48の3位にとどまり、今季初黒星を喫した。

代わって主役となったのがライバルのチェーだった。1投目に66m59と1位で滑り出すと、2投目に68m08をスロー。5投目に67m93、6投目にも68m05と安定した投てきで、欧州選手権で母国に初の男子金メダルをもたらした。チェーは「準備もできていたし、ようやく自信を取り戻せた」と喜ぶと、「5月に70mを投げていたが、技術面で課題があり、酷い試合が続いていた。DLストックホルムをキャンセルしてこの試合に臨んでいた」と話した。さらに五輪に向けて「誰もがアレクナに勝ちたいと思っているし、僕も勝つつもりでいる」と意気込んだ。

また、東京五輪銅メダルのルーカス・ヴァイスハイディンガー(オーストリア)が67m70で2位に続き、東京五輪優勝のダニエル・ストール(スウェーデン)は66m84で4位だった。

女子5000mは東京五輪7位のナディア・バットクレッティ(イタリア)が14分35秒29で大会新V。イタリア記録も更新した。女子20km競歩は東京五輪金メダルのアントネッラ・パルミサーノ(イタリア)が1時間28分08秒で優勝。女子砲丸投はオレゴン世界選手権銅メダルのジェシカ・スキルダー(オランダ)が18m77で2連覇を果たしている。

また、男子走幅跳予選ではオレゴン世界選手権銅メダルのシモン・エハンマー(スイス)が今季世界最高の8m41(-0.6)を跳んで予選を通過した。決勝は8日に行われる。

欧州選手権は12日まで開催される。

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月7日、イタリア・ローマで欧州選手権が開幕し、男子円盤投ではオレゴン世界選手権金メダルのクリスティアン・チェー(スロベニア)が68m08で優勝した。 有力者が顔を揃えパリ五輪の前哨戦となった男子円盤投。4月に74m35の世界記録を樹立しているマイコラス・アレクナ(リトアニア)に注目が集まったが、この日は「疲労があった」と精細を欠いて67m48の3位にとどまり、今季初黒星を喫した。 代わって主役となったのがライバルのチェーだった。1投目に66m59と1位で滑り出すと、2投目に68m08をスロー。5投目に67m93、6投目にも68m05と安定した投てきで、欧州選手権で母国に初の男子金メダルをもたらした。チェーは「準備もできていたし、ようやく自信を取り戻せた」と喜ぶと、「5月に70mを投げていたが、技術面で課題があり、酷い試合が続いていた。DLストックホルムをキャンセルしてこの試合に臨んでいた」と話した。さらに五輪に向けて「誰もがアレクナに勝ちたいと思っているし、僕も勝つつもりでいる」と意気込んだ。 また、東京五輪銅メダルのルーカス・ヴァイスハイディンガー(オーストリア)が67m70で2位に続き、東京五輪優勝のダニエル・ストール(スウェーデン)は66m84で4位だった。 女子5000mは東京五輪7位のナディア・バットクレッティ(イタリア)が14分35秒29で大会新V。イタリア記録も更新した。女子20km競歩は東京五輪金メダルのアントネッラ・パルミサーノ(イタリア)が1時間28分08秒で優勝。女子砲丸投はオレゴン世界選手権銅メダルのジェシカ・スキルダー(オランダ)が18m77で2連覇を果たしている。 また、男子走幅跳予選ではオレゴン世界選手権銅メダルのシモン・エハンマー(スイス)が今季世界最高の8m41(-0.6)を跳んで予選を通過した。決勝は8日に行われる。 欧州選手権は12日まで開催される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top