HOME 編集部コラム

2024.06.07

NEWS
編集部コラム「はじめまして」

毎週金曜日更新!?

★月陸編集部★

攻め(?)のアンダーハンド
リレーコラム🔥
毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ!
陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。
編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。
暇つぶし程度にご覧ください!

第247回「はじめまして(片井)


『月刊陸上競技』及び月陸Onlineの読者の皆様、はじめまして。今年の4月に編集部に加わった片井雅也です。今回初めて今コラムを書くこととなり、まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。

私と陸上との出合いは小学校高学年。それまでは水泳と公式のドッジボール(夏の全国ベスト16)、硬筆(記者で速記するようになってからはさっぱり)を習っており、校内のマラソン大会などでは割と上位に入っていました。

そこで高学年が出場する同じ地方の陸上大会で1000mに出場したところ、たまたま上位に。県内の市町村対抗ジュニア駅伝の代表(補欠)にも選ばれ、中学校から本格的に競技を始めました。

中学、高校と800mを専門に取り組んでいましたが、高校では記録が伸び悩み、大学進学と同時に競技は引退。ただ、趣味で走り続けるよりも本気で競技に関わりたかった私は、学生トレーナーという立場を選びました。

選手のケアなど競技を支える立場から携わった私は、本来の夢であった教員から路線転換。在学中に東京五輪の開催が決まったこともあり、卒業後は報道の道へ進み、今春から編集部で働くことになりました。

関東の大学で陸上に携わっていた身として、5月の関東インカレの取材は胸が熱くなりました。私自身9年ぶり5回目のインカレは、実は生で見るのは実質的に“初めて”。学生トレーナーは学連が用意したトレーナーステーションという部屋で、各大学の選手のケアや救護活動に当たります。

そこには小さなモニターがあるだけで、スタジアムの様子を生で見ることができるのは救護活動で競技場内に配置された時だけ。その時も競技中の選手にアクシデントがあれば、即座に対応しなければならないので緊張感を持っていて、普通に観戦することはできません。

国立競技場で、あの集団応援に包まれる雰囲気を久しぶりに味わい、改めて陸上の現場の素晴らしさを感じました。その熱気を少しでもお伝えするべく、現在7月号の制作を進めています。

私も選手たちが日々鍛錬を積むように、日々成長していきたいです。これからよろしくお願いします。

片井雅也(かたい・まさや)
月刊陸上競技編集部 新人部員
1993年4月生まれ、和歌山県出身。子供の頃から水泳や公式ドッジボールなどスポーツに傾注する一方、硬筆を習ったり、小学校で歴史小説を読み進めるなどインドア派の一面も。高校まで中距離選手で、最高成績は近畿高校駅伝出場(地元枠)。大学では陸上部の学生トレーナーとなり、地元の2015年和歌山インターハイでは日本陸連トレーナーとして活動。地方新聞社を経て、2024年4月より編集部。趣味は居酒屋巡り。

過去の編集部コラムはこちら

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいことetc…。 編集スタッフが週替りで綴って行きたいと思います。 暇つぶし程度にご覧ください!

第247回「はじめまして(片井)

『月刊陸上競技』及び月陸Onlineの読者の皆様、はじめまして。今年の4月に編集部に加わった片井雅也です。今回初めて今コラムを書くこととなり、まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。 私と陸上との出合いは小学校高学年。それまでは水泳と公式のドッジボール(夏の全国ベスト16)、硬筆(記者で速記するようになってからはさっぱり)を習っており、校内のマラソン大会などでは割と上位に入っていました。 そこで高学年が出場する同じ地方の陸上大会で1000mに出場したところ、たまたま上位に。県内の市町村対抗ジュニア駅伝の代表(補欠)にも選ばれ、中学校から本格的に競技を始めました。 中学、高校と800mを専門に取り組んでいましたが、高校では記録が伸び悩み、大学進学と同時に競技は引退。ただ、趣味で走り続けるよりも本気で競技に関わりたかった私は、学生トレーナーという立場を選びました。 選手のケアなど競技を支える立場から携わった私は、本来の夢であった教員から路線転換。在学中に東京五輪の開催が決まったこともあり、卒業後は報道の道へ進み、今春から編集部で働くことになりました。 関東の大学で陸上に携わっていた身として、5月の関東インカレの取材は胸が熱くなりました。私自身9年ぶり5回目のインカレは、実は生で見るのは実質的に“初めて”。学生トレーナーは学連が用意したトレーナーステーションという部屋で、各大学の選手のケアや救護活動に当たります。 そこには小さなモニターがあるだけで、スタジアムの様子を生で見ることができるのは救護活動で競技場内に配置された時だけ。その時も競技中の選手にアクシデントがあれば、即座に対応しなければならないので緊張感を持っていて、普通に観戦することはできません。 国立競技場で、あの集団応援に包まれる雰囲気を久しぶりに味わい、改めて陸上の現場の素晴らしさを感じました。その熱気を少しでもお伝えするべく、現在7月号の制作を進めています。 私も選手たちが日々鍛錬を積むように、日々成長していきたいです。これからよろしくお願いします。
片井雅也(かたい・まさや) 月刊陸上競技編集部 新人部員 1993年4月生まれ、和歌山県出身。子供の頃から水泳や公式ドッジボールなどスポーツに傾注する一方、硬筆を習ったり、小学校で歴史小説を読み進めるなどインドア派の一面も。高校まで中距離選手で、最高成績は近畿高校駅伝出場(地元枠)。大学では陸上部の学生トレーナーとなり、地元の2015年和歌山インターハイでは日本陸連トレーナーとして活動。地方新聞社を経て、2024年4月より編集部。趣味は居酒屋巡り。
過去の編集部コラムはこちら

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top