HOME 国内

2024.06.08

NEWS
御家瀬緑が日本歴代6位の11秒37!!5年ぶり自己ベスト更新 小池祐貴は10秒15マーク
御家瀬緑が日本歴代6位の11秒37!!5年ぶり自己ベスト更新 小池祐貴は10秒15マーク

御家瀬緑(住友電工)

米国カリフォルニア州で6月7日に行われた「Last Chance Sprint Series」の女子100mに御家瀬緑(住友電工)が出場。予選を11秒50(+0.3)の組4着で決勝に進むと、決勝では11秒37(+0.6)をマークした。この記録は日本歴代6位。2019年の高3時と22年に出している11秒46のベストを塗り替え、5年ぶりの自己新となる。

御家瀬は恵庭北高(北海道)時代に日本選手権を優勝。インターハイも連覇している。卒業後は大学進学ではなく住友電工へ。22年オレゴン世界選手権4×100mリレー代表にもなった。昨年はアジア選手権にも出場。4×100mリレ-では銀メダルを獲得した。

同じ北海道出身の小池祐貴(住友電工)とともに米国を練習拠点とし、今年5月には追い風参考ながら11秒28(+3.5)をマークしている。

同競技会には東京五輪代表の小池も出場。予選を10秒26(+1.1)で1着通過すると、決勝は10秒15(+1.1)で3位。今季は5月のマウントサックリレーで出した10秒11(+1.3)がシーズンベストとなっている。

いずれも次戦は6月末の日本選手権となる見込み。

米国カリフォルニア州で6月7日に行われた「Last Chance Sprint Series」の女子100mに御家瀬緑(住友電工)が出場。予選を11秒50(+0.3)の組4着で決勝に進むと、決勝では11秒37(+0.6)をマークした。この記録は日本歴代6位。2019年の高3時と22年に出している11秒46のベストを塗り替え、5年ぶりの自己新となる。 御家瀬は恵庭北高(北海道)時代に日本選手権を優勝。インターハイも連覇している。卒業後は大学進学ではなく住友電工へ。22年オレゴン世界選手権4×100mリレー代表にもなった。昨年はアジア選手権にも出場。4×100mリレ-では銀メダルを獲得した。 同じ北海道出身の小池祐貴(住友電工)とともに米国を練習拠点とし、今年5月には追い風参考ながら11秒28(+3.5)をマークしている。 同競技会には東京五輪代表の小池も出場。予選を10秒26(+1.1)で1着通過すると、決勝は10秒15(+1.1)で3位。今季は5月のマウントサックリレーで出した10秒11(+1.3)がシーズンベストとなっている。 いずれも次戦は6月末の日本選手権となる見込み。

女子100mの日本歴代10傑をチェック!

11.21 1.7 福島千里(北海道ハイテクAC) 2010.4.29 11.24 1.3 兒玉芽生(ミズノ) 2022.9.24 11.32 1.9 髙橋萌木子(平成国際大3) 2009.6.7 11.36 1.8 二瓶秀子(福島大M2) 2001.7.14 11.36 0.6 君嶋愛梨沙(土木管理総合) 2022.6.10 11.37 0.6 御家瀬緑(住友電工) 2024.6.7 [adinserter block="4"] 11.39 1.1 坂上香織(ミキハウス) 2004.6.5 11.39 1.1 小島初佳(ピップフジモト) 2004.6.5 11.42 1.7 北風沙織(北海道ハイテクAC) 2008.4.29 11.43 2.0 市川華菜(中京大3) 2011.4.29 11.43 1.8 土井杏南(埼玉栄高2埼玉) 2012.5.13

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top