月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】世界記録保持者・キプチョゲ敗れる 連勝10でストップ/ロンドンマラソン男子


ロンドン・マラソン(英国)がセントジェームズパークの2.15kmの周回コースで行われ、女子の部に続いて行われた男子で大波乱が起きた。世界記録保持者で、メジャーマラソン10連勝中だった35歳のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が敗れ2時間6分49秒(速報値)で8位。連勝は10でストップした。キプチョゲは終始先頭集団でレースを進めたものの、38㎞過ぎに遅れ始めた。気温10度を下回り、雨も降る悪コンディションだった。優勝は2時間5分41秒(速報値)でS.キタタ(エチオピア)。なお、エントリーしていたK.ベケレ(エチオピア)は欠場している。

キプチョゲは2003年世界選手権5000mで優勝。13年のハンブルクでマラソンデビューすると、2レース目の13年ベルリン・マラソンで2位になって以降、14年ロッテルダムから昨年のロンドンまでメジャーマラソン10連勝を果たしている。その間、16年リオ五輪金メダル、18年ベルリンでは2時間1分39秒の世界新記録を樹立。さらに、非公認ながら、昨年10月の「INEOS 1:59 challenge」で、人類初の2時間切りとなる1時間59分40秒2で42.195kmを走った。

■キプチョゲのマラソン全成績(公認)
13年5月ハンブルク  2.05.30 優勝
13年9月ベルリン   2.04.05 2位
14年4月ロッテルダム 2.05.00 優勝
14年10月シカゴ    2.04.11 優勝
15年4月ロンドン   2.04.42 優勝
15年9月ベルリン   2.04.00 優勝
16年4月ロンドン   2.03.05 優勝
16年8月リオ五輪   2.08.44 優勝
17年9月ベルリン   2.03.32 優勝
18年4月ロンドン   2.04.17 優勝
18年9月ベルリン   2.01.39 優勝=世界記録
19年4月ロンドン   2.02.37 優勝
20年10月ロンドン   2.06.49 8位※速報値



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com