月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】出雲駅伝の代替 多摩川五大学が対校戦 國學院大・藤木が5000mトップ


10月4日、静岡県裾野市で、多摩川五大学対校長距離競技会が行われた。この大会は新型コロナウイルスの影響により中止となった出雲駅伝(10月11日開催予定だった)の変わりとして、勝負の雰囲気を味わおうと企画。都内の多摩川沿いを拠点とする駒大、明大、國學院大、帝京大、創価大の5校による対校戦として実施された。5000mと10000mに各校4人ずつが出場し、合計タイムで順位を決定。5000mは國學院大の藤木宏太が13分44秒94でトップ、10000mは創価大のフィリップ・ムルワが28分21秒07で制し、日本人トップの2番手には國學院大の中西大翔が28分35秒70で続いた。対校戦は明大がトップ。駒大、國學院大、創価大、帝京大の順だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com