HOME 駅伝

2020.10.04

【駅伝】出雲駅伝の代替 多摩川五大学が対校戦 國學院大・藤木が5000mトップ
【駅伝】出雲駅伝の代替 多摩川五大学が対校戦 國學院大・藤木が5000mトップ


10月4日、静岡県裾野市で、多摩川五大学対校長距離競技会が行われた。この大会は新型コロナウイルスの影響により中止となった出雲駅伝(10月11日開催予定だった)の変わりとして、勝負の雰囲気を味わおうと企画。都内の多摩川沿いを拠点とする駒大、明大、國學院大、帝京大、創価大の5校による対校戦として実施された。5000mと10000mに各校4人ずつが出場し、合計タイムで順位を決定。5000mは國學院大の藤木宏太が13分44秒94でトップ、10000mは創価大のフィリップ・ムルワが28分21秒07で制し、日本人トップの2番手には國學院大の中西大翔が28分35秒70で続いた。対校戦は明大がトップ。駒大、國學院大、創価大、帝京大の順だった。

10月4日、静岡県裾野市で、多摩川五大学対校長距離競技会が行われた。この大会は新型コロナウイルスの影響により中止となった出雲駅伝(10月11日開催予定だった)の変わりとして、勝負の雰囲気を味わおうと企画。都内の多摩川沿いを拠点とする駒大、明大、國學院大、帝京大、創価大の5校による対校戦として実施された。5000mと10000mに各校4人ずつが出場し、合計タイムで順位を決定。5000mは國學院大の藤木宏太が13分44秒94でトップ、10000mは創価大のフィリップ・ムルワが28分21秒07で制し、日本人トップの2番手には國學院大の中西大翔が28分35秒70で続いた。対校戦は明大がトップ。駒大、國學院大、創価大、帝京大の順だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.18

橋岡優輝「明日はしっかり跳びたい」村竹「状態良い」佐藤拳「記録は自ずと出る」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、出場するトップ選手が登壇 […]

NEWS 田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

2024.05.18

田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子1500mに出場する […]

NEWS やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

2024.05.18

やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子やり投の北口榛花(J […]

NEWS 100m坂井隆一郎「調子上がってきている」栁田大輝「坂井さんに負けないスタートを」/セイコーGGP

2024.05.18

100m坂井隆一郎「調子上がってきている」栁田大輝「坂井さんに負けないスタートを」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、男子100mに出場するサ […]

NEWS サニブラウン3年ぶり国立 パリ五輪内定に向け「予選から標準を切れるように走りたい」/セイコーGGP

2024.05.18

サニブラウン3年ぶり国立 パリ五輪内定に向け「予選から標準を切れるように走りたい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、男子100mに出場するサ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top