HOME 高校

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会
ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

ロス瑚花アディア(城西)

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみで大井陸上競技場)で行われ、各種目で好記録が生まれた。

女子短距離のロス瑚花アディア(城西3)は、12日の100mを12秒40(-6.7)で制すと、2走に入った4×100mリレーも46秒60で快勝。さらに翌週の19日は200mも24秒26(-0.5)で優勝し、3冠を達成した。

100mの自己記録は11秒66。4月の支部予選で11秒71、織田記念で11秒77をマークするなど、優勝候補の大本命として今大会を迎えていた。決勝は、11日の予選(12秒05/-3.8)や準決勝(12秒21/-4.3)以上に強烈な向かい風が吹くなかでのレースとなったが、ロスは「まずは順位をしっかり取りに行くことを意識しました」と話すように力強い走りだけでなく、安定感でもライバルたちを圧倒した。

1年時にインターハイを経験した4×100mリレーも今年はエースとして奮闘。「ところどころミスもあったので、バトンの完成度はまだまだ。それでも風などのコンディションを考えると、悪くないタイムだったと思います」と安堵の表情を浮かべた。ここ2年は故障で苦しみ、昨季のインターハイ路線は最後まで戦えなかっただけに、高校最後の夏に懸ける思いは強い。

他の女子種目では、昨年のインターハイ七種競技3位の仮屋愛優(東京3)が存在感を示した。1種目めの100mハードルで高校歴代4位、都高校記録の13秒40(+1.7)をマーク。総合得点で自己ベストを168点上回る5212点の大会新で初優勝を飾った。さらに、七種競技後半が行われた19日に単独種目の100mハードルにも出場。予選13秒62(+0.9)、準決勝(13秒91/-0.4)を経て、決勝は13秒76(-1.2)とこちらも大会新で制して2冠に輝いた。

走幅跳で昨年のインターハイ2位の近藤いおん(城西3)は、高校歴代11位タイの6m22(+0.9)で都高校記録を2cm更新して優勝。明星学園勢の争いとなった走高跳は、ジャンプオフの末に昨年のインターハイ2位の千葉玲奈(3年)が1m66で同7位の手島花奈(3年)を退けた。

男子は、110mハードルで昨秋の国体少年Bを制した古賀ジェレミー(東京2)が高2歴代4位タイの14秒05(-2.0)をマークして初優勝。実力者が揃ったスプリントは、100mを昨年のU18大会3位の山﨑天心(城西3)が10秒55(-1.8)で、200mは100m2位の濱椋太郎(目黒日大3)が21秒20(-0.8)でそれぞれ頂点に立った。

リレーは明大中野が2種目を制し、4×100mリレーのアンカーを務め、最後に城西に対して逆転劇を演じた大坂千広(2年)は「バトンパスは全体的にあまりうまく行かなかったけれど、落ち着いて自分の走りができました」と胸を張る。4×400mリレーは3人が2年生以下というメンバーながら、3分14秒21の好タイムを叩き出した。

フィールドでは、走幅跳の宮坂玲皇(岩倉2)が最終6回目で再逆転のビッグジャンプを見せ、7m38(+0.7)で優勝し、走高跳は昨年の全中チャンピオン・清水怜修(明星学園1)が2m07で2位に6cm差つけて快勝した。

学校対抗は東京が男女ともに総合優勝に輝いた。男子は円盤投でワン・ツーを占めた原田颯輔(2年)と菅野颯輝(3年)、八種競技を制した手島敬太(2年)らの活躍が光り、119.5点を獲得。女子は20種目中16種目で得点を重ねる層の厚さで142点を積み上げた。

南関東大会は6月14日から4日間、東京・駒沢陸上競技場で行われる。

文/小野哲史

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみで大井陸上競技場)で行われ、各種目で好記録が生まれた。 女子短距離のロス瑚花アディア(城西3)は、12日の100mを12秒40(-6.7)で制すと、2走に入った4×100mリレーも46秒60で快勝。さらに翌週の19日は200mも24秒26(-0.5)で優勝し、3冠を達成した。 100mの自己記録は11秒66。4月の支部予選で11秒71、織田記念で11秒77をマークするなど、優勝候補の大本命として今大会を迎えていた。決勝は、11日の予選(12秒05/-3.8)や準決勝(12秒21/-4.3)以上に強烈な向かい風が吹くなかでのレースとなったが、ロスは「まずは順位をしっかり取りに行くことを意識しました」と話すように力強い走りだけでなく、安定感でもライバルたちを圧倒した。 1年時にインターハイを経験した4×100mリレーも今年はエースとして奮闘。「ところどころミスもあったので、バトンの完成度はまだまだ。それでも風などのコンディションを考えると、悪くないタイムだったと思います」と安堵の表情を浮かべた。ここ2年は故障で苦しみ、昨季のインターハイ路線は最後まで戦えなかっただけに、高校最後の夏に懸ける思いは強い。 他の女子種目では、昨年のインターハイ七種競技3位の仮屋愛優(東京3)が存在感を示した。1種目めの100mハードルで高校歴代4位、都高校記録の13秒40(+1.7)をマーク。総合得点で自己ベストを168点上回る5212点の大会新で初優勝を飾った。さらに、七種競技後半が行われた19日に単独種目の100mハードルにも出場。予選13秒62(+0.9)、準決勝(13秒91/-0.4)を経て、決勝は13秒76(-1.2)とこちらも大会新で制して2冠に輝いた。 走幅跳で昨年のインターハイ2位の近藤いおん(城西3)は、高校歴代11位タイの6m22(+0.9)で都高校記録を2cm更新して優勝。明星学園勢の争いとなった走高跳は、ジャンプオフの末に昨年のインターハイ2位の千葉玲奈(3年)が1m66で同7位の手島花奈(3年)を退けた。 男子は、110mハードルで昨秋の国体少年Bを制した古賀ジェレミー(東京2)が高2歴代4位タイの14秒05(-2.0)をマークして初優勝。実力者が揃ったスプリントは、100mを昨年のU18大会3位の山﨑天心(城西3)が10秒55(-1.8)で、200mは100m2位の濱椋太郎(目黒日大3)が21秒20(-0.8)でそれぞれ頂点に立った。 リレーは明大中野が2種目を制し、4×100mリレーのアンカーを務め、最後に城西に対して逆転劇を演じた大坂千広(2年)は「バトンパスは全体的にあまりうまく行かなかったけれど、落ち着いて自分の走りができました」と胸を張る。4×400mリレーは3人が2年生以下というメンバーながら、3分14秒21の好タイムを叩き出した。 フィールドでは、走幅跳の宮坂玲皇(岩倉2)が最終6回目で再逆転のビッグジャンプを見せ、7m38(+0.7)で優勝し、走高跳は昨年の全中チャンピオン・清水怜修(明星学園1)が2m07で2位に6cm差つけて快勝した。 学校対抗は東京が男女ともに総合優勝に輝いた。男子は円盤投でワン・ツーを占めた原田颯輔(2年)と菅野颯輝(3年)、八種競技を制した手島敬太(2年)らの活躍が光り、119.5点を獲得。女子は20種目中16種目で得点を重ねる層の厚さで142点を積み上げた。 南関東大会は6月14日から4日間、東京・駒沢陸上競技場で行われる。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top