HOME 国内

2024.05.19

葛西潤が英国で10000m27分34秒14 ポイント重ね五輪出場圏内に浮上 相澤晃は28分02秒84
葛西潤が英国で10000m27分34秒14 ポイント重ね五輪出場圏内に浮上 相澤晃は28分02秒84

24年日本選手権10000mで初優勝を果たした葛西潤

5月18日、英国・ロンドンで「Night of the 10,000m PBs」が行われ、葛西潤と相澤晃(ともに旭化成)が出場し、葛西が27分34秒14で5位に入った。

葛西は1000mを2分41秒、2000m5分23秒とパリ五輪標準記録の27分00秒を切れるペースで進んだものの、3000mあたりからじりじりと先頭との差を広げられていった。5000mでは先頭が13分30秒で通過したのに対し、4番手の葛西は13分40秒で通過。

その後も、順位を守りながら粘りの走りを見せ、最終的にはトップと約12秒差、セカンドベストでのフィニッシュとなった。一方の相澤は28分02秒84で21位だった。

5月3日の日本選手権10000mでは27分17秒46の日本歴代4位の好タイムで優勝を飾った葛西。パリ五輪に出場するには、参加標準を突破するか、世界ランキングを上げる必要があったため、日本選手権からわずか2週間あまりでの参戦を決めた。

今大会では記録ポイント(1172点)と順位ポイント(35点)をあわせて、1207点を獲得。日本選手権のポイントが1258点で、2試合の平均が1232点(小数点以下切り捨て)となった葛西はランキングで相澤、田澤廉(トヨタ自動車)、塩尻和也(富士通)を抜いて、日本人2位に浮上する見込みとなる。

パリ五輪男子10000mの出場枠は27人で、現時点では標準記録突破ないし、世界クロカンの上位者で24人の出場権が確定している。残り3人は世界ランキングの上位者で決まり、1番手が太田智樹(トヨタ自動車)、2番手がジミー・グレシエ(フランス)で、葛西はそれに次ぐ順位に入り、パリ五輪出場ラインのボーダーライン上に入ることになる。

ただし、今後の各国選手権や欧州選手権などの動向次第で新たな標準記録突破者やランキング上位に食い込む選手が現れる可能性もあり、予断を許さない状況が続く。

5月18日、英国・ロンドンで「Night of the 10,000m PBs」が行われ、葛西潤と相澤晃(ともに旭化成)が出場し、葛西が27分34秒14で5位に入った。 葛西は1000mを2分41秒、2000m5分23秒とパリ五輪標準記録の27分00秒を切れるペースで進んだものの、3000mあたりからじりじりと先頭との差を広げられていった。5000mでは先頭が13分30秒で通過したのに対し、4番手の葛西は13分40秒で通過。 その後も、順位を守りながら粘りの走りを見せ、最終的にはトップと約12秒差、セカンドベストでのフィニッシュとなった。一方の相澤は28分02秒84で21位だった。 5月3日の日本選手権10000mでは27分17秒46の日本歴代4位の好タイムで優勝を飾った葛西。パリ五輪に出場するには、参加標準を突破するか、世界ランキングを上げる必要があったため、日本選手権からわずか2週間あまりでの参戦を決めた。 今大会では記録ポイント(1172点)と順位ポイント(35点)をあわせて、1207点を獲得。日本選手権のポイントが1258点で、2試合の平均が1232点(小数点以下切り捨て)となった葛西はランキングで相澤、田澤廉(トヨタ自動車)、塩尻和也(富士通)を抜いて、日本人2位に浮上する見込みとなる。 パリ五輪男子10000mの出場枠は27人で、現時点では標準記録突破ないし、世界クロカンの上位者で24人の出場権が確定している。残り3人は世界ランキングの上位者で決まり、1番手が太田智樹(トヨタ自動車)、2番手がジミー・グレシエ(フランス)で、葛西はそれに次ぐ順位に入り、パリ五輪出場ラインのボーダーライン上に入ることになる。 ただし、今後の各国選手権や欧州選手権などの動向次第で新たな標準記録突破者やランキング上位に食い込む選手が現れる可能性もあり、予断を許さない状況が続く。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top