HOME 国内

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博
静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

左から鵜澤飛羽、飯塚翔太、豊田兼

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。

男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯塚翔太(ミズノ)といったトップ選手のほか、昨年のU20日本選手権覇者・若菜敬(佐野高3栃木)が登録された。

400mには22年オレゴン世界選手権代表の岩崎立来(三重県スポーツ協会)がエントリー。400mハードルにはパリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破している豊田兼(慶大)と黒川和樹(住友電工)に加え、黒川とともに昨年の世界選手権に出場した岸本鷹幸(富士通)や児玉悠作(ノジマ)も加わり激戦となりそうだ。

走高跳はオレゴン世界選手権8位の真野友博(九電工)と昨年の世界選手権代表の長谷川直人(新潟アルビレックスRC)、21年東京五輪代表の衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)の3人が激突する。

女子では、200mに兒玉芽生(ミズノ)、400mには森山静穂(いちご)や久保山晴菜(今村病院)がエントリー。800mには4月13日の金栗記念を制した久保凛(東大阪大敬愛高2)が登録されている。400mHでは日本歴代5位の記録(56秒06)を持つ山本亜美(立命大)、走高跳には2月下旬に日本歴代8位の1m87をマークした髙橋渚(センコー)が出場する見込み。

このほか、男子では800mや砲丸投、ハンマー投、女子ではハンマー投に国内トップクラスの選手がエントリーしている。

なお、エントリーリストのうち、男子200mの上山紘輝(住友電工)と西裕大(MINT TOKYO)、同400mの佐藤風雅(ミズノ)、今泉堅貴(Team SSP)、吉津拓歩(ジーケーライン)、女子200mの君嶋愛梨沙(土木管理総合)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、青野朱李(NDソフト)、山形愛羽(福岡大)、三浦愛華(愛媛競技力本部)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、同400mの岩田優奈(スズキ)と松本奈菜子(東邦銀行)の計13名については、同時期に開催される世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)代表に選ばれている(4月16日発表)。

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯塚翔太(ミズノ)といったトップ選手のほか、昨年のU20日本選手権覇者・若菜敬(佐野高3栃木)が登録された。 400mには22年オレゴン世界選手権代表の岩崎立来(三重県スポーツ協会)がエントリー。400mハードルにはパリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破している豊田兼(慶大)と黒川和樹(住友電工)に加え、黒川とともに昨年の世界選手権に出場した岸本鷹幸(富士通)や児玉悠作(ノジマ)も加わり激戦となりそうだ。 走高跳はオレゴン世界選手権8位の真野友博(九電工)と昨年の世界選手権代表の長谷川直人(新潟アルビレックスRC)、21年東京五輪代表の衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)の3人が激突する。 女子では、200mに兒玉芽生(ミズノ)、400mには森山静穂(いちご)や久保山晴菜(今村病院)がエントリー。800mには4月13日の金栗記念を制した久保凛(東大阪大敬愛高2)が登録されている。400mHでは日本歴代5位の記録(56秒06)を持つ山本亜美(立命大)、走高跳には2月下旬に日本歴代8位の1m87をマークした髙橋渚(センコー)が出場する見込み。 このほか、男子では800mや砲丸投、ハンマー投、女子ではハンマー投に国内トップクラスの選手がエントリーしている。 なお、エントリーリストのうち、男子200mの上山紘輝(住友電工)と西裕大(MINT TOKYO)、同400mの佐藤風雅(ミズノ)、今泉堅貴(Team SSP)、吉津拓歩(ジーケーライン)、女子200mの君嶋愛梨沙(土木管理総合)、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、青野朱李(NDソフト)、山形愛羽(福岡大)、三浦愛華(愛媛競技力本部)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、同400mの岩田優奈(スズキ)と松本奈菜子(東邦銀行)の計13名については、同時期に開催される世界リレー(5月4日、5日/バハマ・ナッソー)代表に選ばれている(4月16日発表)。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top