HOME 特集

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…
“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

エリウド・キプチョゲ(ケニア) 写真/NIKE

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。

前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に戻ってこられてうれしい。たくさんの方が応援してくれて素晴らしかったです」と振り返る。

世界の第一線で活躍を続けるランナーが、競技観や人生観、トレーニングで大切にしていることなどを語った。

――東京マラソンではお疲れさまでした。あらためてレースの感想をお願いします。

キプチョゲ 東京に戻って来られてうれしいです。日本はランニングのカルチャーが根づいていて、沿道の応援も素晴らしかった。たくさんの人がポジティブに動いていて、ランニングが人々を結びつけていると感じました。

結果は残念でしたが、人間は機械ではありません。100%のトレーニングができても結果が出ないこともある。それこそがスポーツ。大事なのは結果を受け入れること。そして止まらないことなのです。

――今回履いたシューズ「ナイキ アルファフライ 3」の履き心地はいかがでしたか。

キプチョゲ とても良かったです。リカバリーも素晴らしいですし、インパクトも吸収してくれる。軽くて、色も良いですね。

――Nikeのシューズの進化について、どんな感想をお持ちですか。

キプチョゲ (2017年のマラソン2時間切りプロジェクト)Breaking2からNikeと一緒に走ってきました。プロのチームが一生懸命作ってくれていて、新しいものが出てくるたびに良くなっている印象があります。

――今まで数多くシューズのテストをやってきたと思いますが、開発者とのやりとりは楽しいですか?

キプチョゲ とても楽しいです。この2ヵ月もマーケットに出ていないシューズを6種類くらいテストしています。

――トラックからマラソンに移行する時に気をつけていたことはありますか。

キプチョゲ マラソンとトラックはまったく違うもの。トラックは短くてきつく、マラソンは長い。サーフェスの違うところを走って筋力を鍛えることも大切です。

――走る以外にはどんなトレーニングをしていますか。

キプチョゲ ジムにも行きますし、サイクリングにも行きます。アクティブ・レストと言うよりも、トレーニングという位置づけです。ボリューム(練習量)を積まないといけないですが、ロードを走るだけだと負担が大きいのです。

――ケガをしないために気をつけていることはどんなことですか。

キプチョゲ 正しいことを正しいタイミングでやること。それがケガの予防になります。

――競技へのモチベーションをどのように保っているのでしょう。

キプチョゲ マラソンのためにはしっかりトレーニングすること。そうすればケガをせずにいけるということを言い聞かせます。

――人生で大切にしている哲学は? アスリートとして変わらないものはどんなことですか。

キプチョゲ 挑戦すること。人間に限界はありません。プロである以上、競技を続ける、努力を続けることは変わってはいけないことですね。

――ずばり、強さの秘訣は?

キプチョゲ 努力を続けることです。プランをしっかり準備しますし、スポーツを仕事として捉えています。

――走ることはあなたの人生に何をもたらしましたか。

キプチョゲ ランニング、マラソンは人生です。人生と自由な考えをもらいました。マラソンをすれば人生がわかります。

――今後の目標を教えてください。

キプチョゲ パリ五輪でマラソンを走り、また世界チャンピオン(3連覇)になりたいと思います。そして、また東京にも来たいですね。

エリウド・キプチョゲ(ケニア)
1984年11月5日生まれ、39歳。2003年パリ世界選手権男子5000mでは当時18歳ながら金メダルを獲得し、脚光を浴びる。5000mでは五輪で2個、世界選手権で2個のメダルを獲得し、2012年よりマラソンに転向。五輪2連覇を含む20戦16勝という驚異の戦績を誇る。17年にはイタリアで実施されたNikeのマラソン2時間切りプロジェクト「Breaking2」に参加し、当時の世界記録を2分32秒も上回る2時間0分25秒をマーク。その翌年のベルリンでは2時間1分39秒と公認での世界記録を樹立し、19年には再び非公認の2時間切りイベントに参加して1時間59分40秒と、人類史上初めて2時間切りを果たした。22年のベルリンでは2時間1分09秒と2度目の世界記録(現・歴代2位)を樹立している。

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に戻ってこられてうれしい。たくさんの方が応援してくれて素晴らしかったです」と振り返る。 世界の第一線で活躍を続けるランナーが、競技観や人生観、トレーニングで大切にしていることなどを語った。 ――東京マラソンではお疲れさまでした。あらためてレースの感想をお願いします。 キプチョゲ 東京に戻って来られてうれしいです。日本はランニングのカルチャーが根づいていて、沿道の応援も素晴らしかった。たくさんの人がポジティブに動いていて、ランニングが人々を結びつけていると感じました。 結果は残念でしたが、人間は機械ではありません。100%のトレーニングができても結果が出ないこともある。それこそがスポーツ。大事なのは結果を受け入れること。そして止まらないことなのです。 ――今回履いたシューズ「ナイキ アルファフライ 3」の履き心地はいかがでしたか。 キプチョゲ とても良かったです。リカバリーも素晴らしいですし、インパクトも吸収してくれる。軽くて、色も良いですね。 ――Nikeのシューズの進化について、どんな感想をお持ちですか。 キプチョゲ (2017年のマラソン2時間切りプロジェクト)Breaking2からNikeと一緒に走ってきました。プロのチームが一生懸命作ってくれていて、新しいものが出てくるたびに良くなっている印象があります。 ――今まで数多くシューズのテストをやってきたと思いますが、開発者とのやりとりは楽しいですか? キプチョゲ とても楽しいです。この2ヵ月もマーケットに出ていないシューズを6種類くらいテストしています。 ――トラックからマラソンに移行する時に気をつけていたことはありますか。 キプチョゲ マラソンとトラックはまったく違うもの。トラックは短くてきつく、マラソンは長い。サーフェスの違うところを走って筋力を鍛えることも大切です。 ――走る以外にはどんなトレーニングをしていますか。 キプチョゲ ジムにも行きますし、サイクリングにも行きます。アクティブ・レストと言うよりも、トレーニングという位置づけです。ボリューム(練習量)を積まないといけないですが、ロードを走るだけだと負担が大きいのです。 ――ケガをしないために気をつけていることはどんなことですか。 キプチョゲ 正しいことを正しいタイミングでやること。それがケガの予防になります。 ――競技へのモチベーションをどのように保っているのでしょう。 キプチョゲ マラソンのためにはしっかりトレーニングすること。そうすればケガをせずにいけるということを言い聞かせます。 ――人生で大切にしている哲学は? アスリートとして変わらないものはどんなことですか。 キプチョゲ 挑戦すること。人間に限界はありません。プロである以上、競技を続ける、努力を続けることは変わってはいけないことですね。 ――ずばり、強さの秘訣は? キプチョゲ 努力を続けることです。プランをしっかり準備しますし、スポーツを仕事として捉えています。 ――走ることはあなたの人生に何をもたらしましたか。 キプチョゲ ランニング、マラソンは人生です。人生と自由な考えをもらいました。マラソンをすれば人生がわかります。 ――今後の目標を教えてください。 キプチョゲ パリ五輪でマラソンを走り、また世界チャンピオン(3連覇)になりたいと思います。そして、また東京にも来たいですね。 エリウド・キプチョゲ(ケニア) 1984年11月5日生まれ、39歳。2003年パリ世界選手権男子5000mでは当時18歳ながら金メダルを獲得し、脚光を浴びる。5000mでは五輪で2個、世界選手権で2個のメダルを獲得し、2012年よりマラソンに転向。五輪2連覇を含む20戦16勝という驚異の戦績を誇る。17年にはイタリアで実施されたNikeのマラソン2時間切りプロジェクト「Breaking2」に参加し、当時の世界記録を2分32秒も上回る2時間0分25秒をマーク。その翌年のベルリンでは2時間1分39秒と公認での世界記録を樹立し、19年には再び非公認の2時間切りイベントに参加して1時間59分40秒と、人類史上初めて2時間切りを果たした。22年のベルリンでは2時間1分09秒と2度目の世界記録(現・歴代2位)を樹立している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top