HOME 学生長距離

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編
「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

宮古島大学駅伝に行ってきました!

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます!

2月11日に、宮古島ワイドー・ズミ大学駅伝大会2024(通称、宮古島大学駅伝)が開催されました。ありがたいことに、私も月刊陸上競技さんの取材チームとして現地へお邪魔させていただきました。今日は、私が現地で見た宮古島大学駅伝レポートをお届けします。

広告の下にコンテンツが続きます

この大会は大学駅伝への出場に向けて、日々強化に取り組んでいるチームのサポートなどを目的に2020年より開催された大会で、今年はオープン参加を含めた9チームが全5区間100.5㎞を駆け抜けました。

結果は以下の通りです。

1位 國學院大學
2位 順天堂大学
3位 専修大学
4位 東海大学
5位 芝浦工業大学
6位 法政大学
途中棄権 東京国際大学
OP 大学連合チーム
OP 沖縄選抜チーム

選手のみなさん、お疲れさまでした!

広告の下にコンテンツが続きます

國學院大學が1区から独走、また5区までの全区間で区間賞を獲得する完全優勝で幕を下ろしました。なかでも今回注目を浴びていたのは、佐藤快成選手(3年/埼玉栄高)。高校時代からロードに強く、2年時には箱根駅伝でアンカーを走り、3人抜きの好走を見せ、見事区間4位に輝くなど、駅伝では常に安定した結果を残すことから、“ロードの鬼”と駅伝ファンから評されることも。

そんな駅伝力が高い佐藤選手ですが、今年の箱根駅伝では直前のエントリー変更で出走ならず、悔しい思いを残しました。そのため、今大会での佐藤選手の出場を喜ぶ陸上ファンの方も多かったようです。宮古島大学駅伝では、箱根駅伝の悔しさを晴らすかのようなパワフルな走りを披露しました。

5区を走る本山凛太朗選手(3年/鎮西学院高)とのタスキリレーでは満面の笑顔が印象的でした。レース後のインタビューでは笑顔の理由について、「同級生とのタスキ(リレー)が初めてで自然と笑顔になっちゃいました」。本山選手との仲睦まじさも垣間見られました。

惜しくも2位となったのは順天堂大学。優勝は逃したものの、5区間全て区間3位以内に収める好走を見せました。レース以外で光っていたのは、こちらも選手同士の仲の良さ。

広告の下にコンテンツが続きます

今回、順天堂大学は本大会で走らない選手も合宿のため宮古島に訪れていたため、出場しなかった選手たちはコース沿道で各中継所を周り、チームの応援をしていました。沿道で楽しそうに声援を送っている大学生の集団がいるなぁと思い、よく見たら順天堂大学の選手のみなさんで、そこには三浦龍司選手(4年/洛南)や、春から進学する佐久長聖高の永原颯磨選手(3年)の姿も。永原選手はすっかりチームに馴染んでいるようでした。

日本を代表するランナーたちも、シューズを脱げば普通の大学生。箱根駅伝とはまた一味違う宮古島の気候も影響するのでしょうか、リラックスムードの応援とそれに応える選手たちの関係性にこちらもほっこりする場面がいくつもありました。

また、順天堂大学指揮官の長門俊介監督は、ほとんどの区間で選手の給水も担当。近年は箱根駅伝でも監督による給水が禁止されているため、監督が選手とともに走る光景はすごくレアなもので、わき上がってくる高揚感に包まれました。

しかし長門監督、給水の走りを頑張りすぎて足を少し痛めてしまったみたいです(笑)

広告の下にコンテンツが続きます

「今年ついに40歳なるからな~」と嘆いていた監督。選手との年齢も比較的近く、フランクにコミュニケーションを取る姿がとても印象的でした。

また、國學院大学、順天堂大学と共に優勝候補として挙げられていた東海大学はトップ3を惜しくも逃し、4位という結果に。1区を任されたのは、今年の箱根駅伝1区で区間5位と好成績を残した兵藤ジュダ選手(2年/東海大静岡翔洋高)。しかしレース途中、脱水症状に陥るアクシデントがあり、区間6位と前半に出遅れがありました。

しかしその後、タスキをつないだ花岡寿哉選手(2年/上田西)が区間2位の激走を見せ、順位を上げていきました。個人的には、同じ長野県出身で、いつかお話ししてみたいなと思っていた花岡選手とレース後に初めてお会いし、楽しいお話しができたのはとてもうれしかったです。

花岡選手は現在大学2年生。信州で活躍を遂げる花岡選手のことは、高校時代から注目していましたが、2020年からのコロナ禍で、当時高校2年生だった花岡選手は大会が中止になったり、出場できないことがあり、やるせない思いをしたことが多々あったようです。

広告の下にコンテンツが続きます

これは花岡選手だけでなく全選手に言えることですが、高校時代にコロナ禍で思うように走れなかった選手だからこそ、今まで貯めていた力を思う存分発散してほしいなと思っています。

箱根駅伝でも花の2区に抜擢されたり、今回の宮古島大学駅伝でも2区で区間2位の快走を果たし、大学で着実に活躍を見せている花岡選手の姿はとてもうれしく頼もしいものでありました。

私が撮った中継所での写真!結構、うまく撮れたかも…?

今回宮古島大学駅伝を現地で見させていただいて感じたのは、宮古島市陸上競技協会のみなさんを始めたとした、大会関係者、運営のみなさんの大学駅伝への愛情深さ。

広告の下にコンテンツが続きます

大会後はホテルで選手、関係者などを招いたアフターパーティーを開催されるなど、最後まで気遣い溢れる現場となっていました。あらためて大学陸上界がこんなにも多くの方に愛されて、応援されていると思うと、私までうれしく思います。

そしてその期待に応え、宮古島でのレース後、練習に励む選手の姿を見てパワーを頂きました。また来年も現地へ応援に行けるように私も頑張って参ります!

久しぶりのコラム、最後までご覧いただきありがとうございました。

大会翌日には神野大地さん、たむじょーさんとイベントに参加しました!

広告の下にコンテンツが続きます

●西村菜那子(にしむら・ななこ)
1997年8月11日生/O型/長野県出身
特技:クラシックバレエ、歴代の箱根駅伝の優勝校を暗記
趣味:陸上観戦、サッカー観戦
2015年にNGT48第1期生オーディションに合格。両親の影響で幼い頃から駅伝を好きになる。アイドルとしての活動を続ける中で、自身のSNSを通して陸上競技に関する情報を発信。駅伝関連のメディア出演も多数。22年9月の卒業公演をもってグループを卒業。現在は舞台やテレビ出演で活躍しながら、イベントから発展したWEBマガジン「#西村駅伝」を立ち上げ、駅伝の情報を発信している。24年に1st写真集『ひと息ついて』が発売。
X(Twitter)Instagram公式サイト#西村駅伝

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古島ワイドー・ズミ大学駅伝大会2024(通称、宮古島大学駅伝)が開催されました。ありがたいことに、私も月刊陸上競技さんの取材チームとして現地へお邪魔させていただきました。今日は、私が現地で見た宮古島大学駅伝レポートをお届けします。 この大会は大学駅伝への出場に向けて、日々強化に取り組んでいるチームのサポートなどを目的に2020年より開催された大会で、今年はオープン参加を含めた9チームが全5区間100.5㎞を駆け抜けました。 結果は以下の通りです。 1位 國學院大學 2位 順天堂大学 3位 専修大学 4位 東海大学 5位 芝浦工業大学 6位 法政大学 途中棄権 東京国際大学 OP 大学連合チーム OP 沖縄選抜チーム [caption id="attachment_129496" align="alignnone" width="800"] 選手のみなさん、お疲れさまでした![/caption] 國學院大學が1区から独走、また5区までの全区間で区間賞を獲得する完全優勝で幕を下ろしました。なかでも今回注目を浴びていたのは、佐藤快成選手(3年/埼玉栄高)。高校時代からロードに強く、2年時には箱根駅伝でアンカーを走り、3人抜きの好走を見せ、見事区間4位に輝くなど、駅伝では常に安定した結果を残すことから、“ロードの鬼”と駅伝ファンから評されることも。 そんな駅伝力が高い佐藤選手ですが、今年の箱根駅伝では直前のエントリー変更で出走ならず、悔しい思いを残しました。そのため、今大会での佐藤選手の出場を喜ぶ陸上ファンの方も多かったようです。宮古島大学駅伝では、箱根駅伝の悔しさを晴らすかのようなパワフルな走りを披露しました。 5区を走る本山凛太朗選手(3年/鎮西学院高)とのタスキリレーでは満面の笑顔が印象的でした。レース後のインタビューでは笑顔の理由について、「同級生とのタスキ(リレー)が初めてで自然と笑顔になっちゃいました」。本山選手との仲睦まじさも垣間見られました。 惜しくも2位となったのは順天堂大学。優勝は逃したものの、5区間全て区間3位以内に収める好走を見せました。レース以外で光っていたのは、こちらも選手同士の仲の良さ。 今回、順天堂大学は本大会で走らない選手も合宿のため宮古島に訪れていたため、出場しなかった選手たちはコース沿道で各中継所を周り、チームの応援をしていました。沿道で楽しそうに声援を送っている大学生の集団がいるなぁと思い、よく見たら順天堂大学の選手のみなさんで、そこには三浦龍司選手(4年/洛南)や、春から進学する佐久長聖高の永原颯磨選手(3年)の姿も。永原選手はすっかりチームに馴染んでいるようでした。 日本を代表するランナーたちも、シューズを脱げば普通の大学生。箱根駅伝とはまた一味違う宮古島の気候も影響するのでしょうか、リラックスムードの応援とそれに応える選手たちの関係性にこちらもほっこりする場面がいくつもありました。 また、順天堂大学指揮官の長門俊介監督は、ほとんどの区間で選手の給水も担当。近年は箱根駅伝でも監督による給水が禁止されているため、監督が選手とともに走る光景はすごくレアなもので、わき上がってくる高揚感に包まれました。 しかし長門監督、給水の走りを頑張りすぎて足を少し痛めてしまったみたいです(笑) 「今年ついに40歳なるからな~」と嘆いていた監督。選手との年齢も比較的近く、フランクにコミュニケーションを取る姿がとても印象的でした。 また、國學院大学、順天堂大学と共に優勝候補として挙げられていた東海大学はトップ3を惜しくも逃し、4位という結果に。1区を任されたのは、今年の箱根駅伝1区で区間5位と好成績を残した兵藤ジュダ選手(2年/東海大静岡翔洋高)。しかしレース途中、脱水症状に陥るアクシデントがあり、区間6位と前半に出遅れがありました。 しかしその後、タスキをつないだ花岡寿哉選手(2年/上田西)が区間2位の激走を見せ、順位を上げていきました。個人的には、同じ長野県出身で、いつかお話ししてみたいなと思っていた花岡選手とレース後に初めてお会いし、楽しいお話しができたのはとてもうれしかったです。 花岡選手は現在大学2年生。信州で活躍を遂げる花岡選手のことは、高校時代から注目していましたが、2020年からのコロナ禍で、当時高校2年生だった花岡選手は大会が中止になったり、出場できないことがあり、やるせない思いをしたことが多々あったようです。 これは花岡選手だけでなく全選手に言えることですが、高校時代にコロナ禍で思うように走れなかった選手だからこそ、今まで貯めていた力を思う存分発散してほしいなと思っています。 箱根駅伝でも花の2区に抜擢されたり、今回の宮古島大学駅伝でも2区で区間2位の快走を果たし、大学で着実に活躍を見せている花岡選手の姿はとてもうれしく頼もしいものでありました。 [caption id="attachment_129495" align="alignnone" width="800"] 私が撮った中継所での写真!結構、うまく撮れたかも…?[/caption] 今回宮古島大学駅伝を現地で見させていただいて感じたのは、宮古島市陸上競技協会のみなさんを始めたとした、大会関係者、運営のみなさんの大学駅伝への愛情深さ。 大会後はホテルで選手、関係者などを招いたアフターパーティーを開催されるなど、最後まで気遣い溢れる現場となっていました。あらためて大学陸上界がこんなにも多くの方に愛されて、応援されていると思うと、私までうれしく思います。 そしてその期待に応え、宮古島でのレース後、練習に励む選手の姿を見てパワーを頂きました。また来年も現地へ応援に行けるように私も頑張って参ります! 久しぶりのコラム、最後までご覧いただきありがとうございました。 [caption id="attachment_129494" align="alignnone" width="800"] 大会翌日には神野大地さん、たむじょーさんとイベントに参加しました![/caption] ●西村菜那子(にしむら・ななこ) 1997年8月11日生/O型/長野県出身 特技:クラシックバレエ、歴代の箱根駅伝の優勝校を暗記 趣味:陸上観戦、サッカー観戦 2015年にNGT48第1期生オーディションに合格。両親の影響で幼い頃から駅伝を好きになる。アイドルとしての活動を続ける中で、自身のSNSを通して陸上競技に関する情報を発信。駅伝関連のメディア出演も多数。22年9月の卒業公演をもってグループを卒業。現在は舞台やテレビ出演で活躍しながら、イベントから発展したWEBマガジン「#西村駅伝」を立ち上げ、駅伝の情報を発信している。24年に1st写真集『ひと息ついて』が発売。 X(Twitter)Instagram公式サイト#西村駅伝

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top