HOME 大学

2024.02.24

「関大陸上部100周年記念式典」盛大に開催、関西インカレ54年ぶり総合Ⅴで活気づく
「関大陸上部100周年記念式典」盛大に開催、関西インカレ54年ぶり総合Ⅴで活気づく

創部100周年記念式典を盛大に開催した関大陸上競技部。OB・OG、現役部員、応援団も含めて記念撮影

関西大学陸上競技部の創部100周年記念式典は2月23日、大阪市内のホテルに前田裕学長、関西学生陸上競技連盟の津野洋会長ら来賓をはじめ、OB・OG、現役部員など約400名が集って盛大に開催された。

令和3年(2021年)が本来の100周年だったが、コロナ禍で式典は延期。そんな中、昨年5月の第100回関西インカレで54年ぶりの男子1部総合優勝を飾ったことで数年遅れの記念式典は最高のタイミングになり、主催者代表で開会のあいさつをした関西大学陸友会(OB・OG会)の小野吉永会長は「今の4年生はコロナで一番苦労した世代だったが、彼らが中心となってチームをまとめ、すばらしい節目になった」と喜んでいた。

広告の下にコンテンツが続きます

1921年(大正10年)に創部し、2年後の極東大会(アジア大会の前身)を皮切りに日本代表選手を続々と輩出してきた関大。なかでも光り輝くのはすべての運動部を通して関大初のオリンピアンとなった三段跳の大島鎌吉で、やり投の長尾三郎とともに出場した1932年(昭和7年)のロサンゼルス五輪で銅メダルを獲得、日本選手団の主将も務めた1936年(昭和11年)のベルリン五輪で6位に入賞。その間の1934年には世界記録を上回る15m82をマークしている。

また、ベルリン五輪には卒業生を含めて6名もの関大勢が代表に選ばれ、その翌年には、大島と同じ三段跳で戸上研之も15m86の大記録を打ち立てるなど、日本陸上史に大きな足跡を刻んだ。

陸上オリンピアンは戦後の1956年(昭和31年)メルボルン五輪に走幅跳で出場した園田裕四郎、2012年(平成24年)ロンドン五輪のマイルリレー代表となった東佳弘(現・短距離コーチ)を含めて8人(延べ10人)を数え、関西の大学で最多。2022年の日本選手権100mで優勝し、同年のオレゴン世界選手権、2023年のブダペスト世界選手権に連続出場している卒業生の坂井隆一郎(大阪ガス)が次なるオリンピアン候補として期待されている。

チームとしても関西インカレにおいて戦前に8連覇(1931~1938年)、戦後は10連覇(1953~1962年)と黄金時代を謳歌。しかし、1969年を最後に王座から遠ざかり、1974年から1991年までの間に2部での出場に甘んじたことが7度ある。2010年代中盤にも2部降格の危機が数年続いたが、以降は徐々に上昇。2021年、2022年の総合3位を経て、2023年に念願の王者復権を遂げた。

広告の下にコンテンツが続きます

通算27回目となった関西インカレ総合優勝は内容も見事で、亀田仁一路が5000m、10000mの2冠(いずれも大会新)、松井健斗が関西学生新の20秒65で制した200mは表彰台を独占し、主将の宮内和哉が連覇を果たした100m、磯本楓太が1年生Vを飾った三段跳、両リレーを合わせて7種目に優勝。4×100mリレーは2023年の単独チーム日本最高記録となる大会新の38秒91で他を圧倒した。

その関西インカレでは女子総合でも5位という好成績を挙げ、7年ぶり復活となった全日本大学駅伝を含めて2023年は男女の学生駅伝全国4大会にフル出場。2016年の指揮官就任以来、170名を超える部員に対して「個々の役割を認識し、組織として強くなろう」と言い続けてきた伊藤邦典監督は、苦しい時期を乗り越えて力をつけたチームの結束を称え、サポートしてくれた多くの関係者に感謝した。

古豪完全復活への大きな一歩を踏み出した関大。記念式典の閉会あいさつで柴田一顧問が「これが頂点ではなく、さらなる高みを目指していく」と誓うと場内から盛大な拍手が起こった。

関西大学陸上競技部の創部100周年記念式典は2月23日、大阪市内のホテルに前田裕学長、関西学生陸上競技連盟の津野洋会長ら来賓をはじめ、OB・OG、現役部員など約400名が集って盛大に開催された。 令和3年(2021年)が本来の100周年だったが、コロナ禍で式典は延期。そんな中、昨年5月の第100回関西インカレで54年ぶりの男子1部総合優勝を飾ったことで数年遅れの記念式典は最高のタイミングになり、主催者代表で開会のあいさつをした関西大学陸友会(OB・OG会)の小野吉永会長は「今の4年生はコロナで一番苦労した世代だったが、彼らが中心となってチームをまとめ、すばらしい節目になった」と喜んでいた。 1921年(大正10年)に創部し、2年後の極東大会(アジア大会の前身)を皮切りに日本代表選手を続々と輩出してきた関大。なかでも光り輝くのはすべての運動部を通して関大初のオリンピアンとなった三段跳の大島鎌吉で、やり投の長尾三郎とともに出場した1932年(昭和7年)のロサンゼルス五輪で銅メダルを獲得、日本選手団の主将も務めた1936年(昭和11年)のベルリン五輪で6位に入賞。その間の1934年には世界記録を上回る15m82をマークしている。 また、ベルリン五輪には卒業生を含めて6名もの関大勢が代表に選ばれ、その翌年には、大島と同じ三段跳で戸上研之も15m86の大記録を打ち立てるなど、日本陸上史に大きな足跡を刻んだ。 陸上オリンピアンは戦後の1956年(昭和31年)メルボルン五輪に走幅跳で出場した園田裕四郎、2012年(平成24年)ロンドン五輪のマイルリレー代表となった東佳弘(現・短距離コーチ)を含めて8人(延べ10人)を数え、関西の大学で最多。2022年の日本選手権100mで優勝し、同年のオレゴン世界選手権、2023年のブダペスト世界選手権に連続出場している卒業生の坂井隆一郎(大阪ガス)が次なるオリンピアン候補として期待されている。 チームとしても関西インカレにおいて戦前に8連覇(1931~1938年)、戦後は10連覇(1953~1962年)と黄金時代を謳歌。しかし、1969年を最後に王座から遠ざかり、1974年から1991年までの間に2部での出場に甘んじたことが7度ある。2010年代中盤にも2部降格の危機が数年続いたが、以降は徐々に上昇。2021年、2022年の総合3位を経て、2023年に念願の王者復権を遂げた。 通算27回目となった関西インカレ総合優勝は内容も見事で、亀田仁一路が5000m、10000mの2冠(いずれも大会新)、松井健斗が関西学生新の20秒65で制した200mは表彰台を独占し、主将の宮内和哉が連覇を果たした100m、磯本楓太が1年生Vを飾った三段跳、両リレーを合わせて7種目に優勝。4×100mリレーは2023年の単独チーム日本最高記録となる大会新の38秒91で他を圧倒した。 その関西インカレでは女子総合でも5位という好成績を挙げ、7年ぶり復活となった全日本大学駅伝を含めて2023年は男女の学生駅伝全国4大会にフル出場。2016年の指揮官就任以来、170名を超える部員に対して「個々の役割を認識し、組織として強くなろう」と言い続けてきた伊藤邦典監督は、苦しい時期を乗り越えて力をつけたチームの結束を称え、サポートしてくれた多くの関係者に感謝した。 古豪完全復活への大きな一歩を踏み出した関大。記念式典の閉会あいさつで柴田一顧問が「これが頂点ではなく、さらなる高みを目指していく」と誓うと場内から盛大な拍手が起こった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top