HOME 海外

2024.01.08

ケテマが初マラソン女子世界最高の2時間16分07秒でV 男子は19歳のゴベナが2時間5分01秒で制す/ドバイマラソン
ケテマが初マラソン女子世界最高の2時間16分07秒でV 男子は19歳のゴベナが2時間5分01秒で制す/ドバイマラソン

16年U20世界選手権800mで3位に入ったケテマ (Mochizuki Jiro/Agence SHOT)

1月7日、アラブ首長国連邦のドバイで第23回ドバイマラソンが行われ、女子は初マラソンのティギスト・ケテマ(エチオピア)が世界歴代8位となる初マラソン世界最高タイムとなる2時間16分07秒で優勝した。また、男子もデビュー戦のアディス・ゴベナ(エチオピア)が2時間5分01秒で制している。

平坦なコースで行われるドバイマラソンは、近年マラソンの登竜門として競技歴の浅いランナーが活躍する傾向が続いていたが、今回も新星が現われた。

広告の下にコンテンツが続きます

ケテマは16年U20世界選手権で銅メダルを獲得するなど中距離をメインとしており、試合では22年に10kmのロードレースに出場したのが最長距離だった。

この日のレースでは、前回大会で1位、2位となった同じエチオピアのデラ・ディダとルティ・アガらとともに10kmを32分18秒、中間点を1時間8分07秒で通過。残り5kmを切ったところで中距離で培ったスプリントを生かしたスパートで一気に先頭に立つと、そのままフィニッシュ。22年にレテセンベト・ギデイ(エチオピア)がマークした2時間16分49秒の初マラソン世界最高を上回る、衝撃的なマラソンデビューを飾った。

ケテマは「初マラソンで優勝できるとは思っていなかった」とコメント。「トラックで結果が出なくなり、マラソンにチャレンジすることを決めた。試合前は距離が不安でしたが、今となっては怖がってたことが不思議なくらい」と話した。ケテマは世界記録保持者のティギスト・アセファ(エチオピア)と同じジェメドゥ・デデフォ・コーチの指導を受けているという。

男子を制したゴベナは2004年生まれの19歳で、女子2位のアガの甥。数年前まではやり投に取り組んでおり、52m台のベストを持つという。アガの勧めもあって長距離に挑戦すると、国際大会初戦となった昨年のデリー・ハーフマラソンでは1時間0分51秒で3位に入っていた。

広告の下にコンテンツが続きます
1月7日、アラブ首長国連邦のドバイで第23回ドバイマラソンが行われ、女子は初マラソンのティギスト・ケテマ(エチオピア)が世界歴代8位となる初マラソン世界最高タイムとなる2時間16分07秒で優勝した。また、男子もデビュー戦のアディス・ゴベナ(エチオピア)が2時間5分01秒で制している。 平坦なコースで行われるドバイマラソンは、近年マラソンの登竜門として競技歴の浅いランナーが活躍する傾向が続いていたが、今回も新星が現われた。 ケテマは16年U20世界選手権で銅メダルを獲得するなど中距離をメインとしており、試合では22年に10kmのロードレースに出場したのが最長距離だった。 この日のレースでは、前回大会で1位、2位となった同じエチオピアのデラ・ディダとルティ・アガらとともに10kmを32分18秒、中間点を1時間8分07秒で通過。残り5kmを切ったところで中距離で培ったスプリントを生かしたスパートで一気に先頭に立つと、そのままフィニッシュ。22年にレテセンベト・ギデイ(エチオピア)がマークした2時間16分49秒の初マラソン世界最高を上回る、衝撃的なマラソンデビューを飾った。 ケテマは「初マラソンで優勝できるとは思っていなかった」とコメント。「トラックで結果が出なくなり、マラソンにチャレンジすることを決めた。試合前は距離が不安でしたが、今となっては怖がってたことが不思議なくらい」と話した。ケテマは世界記録保持者のティギスト・アセファ(エチオピア)と同じジェメドゥ・デデフォ・コーチの指導を受けているという。 男子を制したゴベナは2004年生まれの19歳で、女子2位のアガの甥。数年前まではやり投に取り組んでおり、52m台のベストを持つという。アガの勧めもあって長距離に挑戦すると、国際大会初戦となった昨年のデリー・ハーフマラソンでは1時間0分51秒で3位に入っていた。

第23回ドバイマラソン 上位成績

男子 1位 A.ゴベナ(エチオピア)   2.05.01 2位 L.ドゥメカ(エチオピア)  2.05.20 3位 D.メゲルサ(エチオピア)  2.05.42 4位 A.フーファ(エチオピア)  2.06.23 5位 S.フィトウィ(ドイツ)   2.06.27 6位 A.ダグナチュー(エチオピア)2.06.55 7位 D.チェビー(ケンタッキー州)2.08.15 8位 T.L.アンベサ(エチオピア) 2.08.25 9位 B.テシャガー(エチオピア) 2.08.56 10位 A.ムニエ(エチオピア)   2.09.09 女子 1位 T.ケテマ(エチオピア)   2.16.07 2位 R.アガ(エチオピア)    2.18.09 3位 D.ディダ(エチオピア)   2.19.29 4位 M.ケジェタ(ドイツ)    2.21.47 5位 A.F.ジェマル(エチオピア) 2.21.53 6位 S.エシェテ(バーレーン)  2.21.55 7位 A.アンムット(エチオピア) 2.22.23 8位 B.アフェニグス(エチオピア)2.25.57 9位 E.ニグセ(エチオピア)   2.27.15 10位 N.シメル(エチオピア)   2.28.28

女子マラソン世界歴代10傑

2.11.53 T.アセファ(エチオピア)   2023. 9.24 ベルリン 2.13.44 S.ハッサン(オランダ)    2023.10. 8 シカゴ 2.14.04 B.コスゲイ(ケニア)     2019.10.13 シカゴ 2.14.18 R.チェプンゲティチ(ケニア) 2022.10. 9 シカゴ 2.14.58 A.ベリソ(エチオピア)    2022.12. 4 バレンシア 2.15.25 P.ラドクリフ(英国)     2003. 4.13 ロンドン 2.15.51 W.デゲファ(エチオピア)   2023.12. 3 バレンシア 2.16.07 T.ケテマ(エチオピア)    2024. 1. 7 ドバイ 2.16.22 A.アヤナ(エチオピア)    2023.12. 3 バレンシア 2.16.28 R.ワンジル(ケニア)     2023. 3. 5 東京

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top