HOME 駅伝

2024.01.02

トヨタ自動車「勝利の継承」2連覇知る大石港与、田中秀幸が伝えたかった熱き意思「駅伝で勝ち続けるために」/ニューイヤー駅伝
トヨタ自動車「勝利の継承」2連覇知る大石港与、田中秀幸が伝えたかった熱き意思「駅伝で勝ち続けるために」/ニューイヤー駅伝

24年ニューイヤー駅伝で8年ぶり優勝を飾り、アンカーの主将・服部勇馬を胴上げして喜ぶトヨタ自動車

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km)

久しぶりに赤城おろしが猛威を振るった今年の全日本実業団対抗駅伝。今や日本長距離界のエースに成長した太田智樹が最長2区(21.9km)で首位に立ち、その後はどこにも先頭を明け渡さなかったトヨタ自動車が、4時間49分02秒で8年ぶり4回目の優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

2022年から指揮を執る熊本剛監督は、2011年の初優勝時のアンカー。そして、2015~16年の連覇に貢献したのが、今回1区の大石港与(35歳)と5区の田中秀幸(33歳)。田中は当時6区で2年連続の区間賞。大石も15年に5区で区間賞を取っている。今年は初の5区で区間賞に輝いた田中。レース後に語った熱い言葉が、じんわりと後輩たちの胸に響いた。

「トヨタ自動車が駅伝で勝ち続けるには、大石さんがラストランになる今年、絶対に勝っておく必要があったんです」

2016年以降、優勝はなかったが、2位と3位が3回ずつ。一番悪くても22年の5位だから、トヨタ自動車の安定感はずば抜けている。しかも、夏場のオリンピックや世界選手権にはマラソンで代表を送り出し、個人でもチームとしても好成績を残してきた。

それでも大石は、駅伝で勝てなかったこの7年間、「どこかに失敗があって自滅していた。優勝できるのにできなかったもどかしさがあった」と明かす。田中も「優勝を狙っての負けで、1月1日に7人全員がそろってピークを合わせる難しさを感じていた」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

だからこそ、大石が最後の駅伝と決めた今回、きっちりと勝っておきたい。優勝経験のあるベテラン2人は、その意思をしっかりと走りで示した。ここ3年、1区を務めてきた田中を後半の要になる5区にまわし、大石が初めての1区。これには駅伝の戦略に長けている佐藤敏信総監督の思惑があった。

「大石は12月の日本選手権10000mで14位でしたけど、途中5000mを13分59秒で通過して、フィニッシュタイムも28分10秒50です。あの走りを見て『駅伝の1区もありだな』と思いました。田中はマラソン練習をやるようになって、高いポテンシャルを発揮し始めました。これだったら5区でも行けるな、と」

もちろん2区に太田、3区にスーパールーキーの田澤廉と、最初に主要区間のピースをはめられたからこそのオーダーだが、ベテラン2人はこの起用に応えて、大石は先頭と4秒差の4位スタート。5区の田中はライバル・Hondaとの差を1分29秒に拡大して優勝を決定づけた。

「プレッシャーと戦えなくなってきた」ことを引退の理由に挙げた大石が、最後のプレッシャーと戦って1区の役割を十二分に果たした。その姿に、田中は「ものすごく勇気をもらった」と、自分自身のスイッチを入れ直した。2年連続でアンカーを任されたキャプテンの服部勇馬は、大石の駅伝ラストランの話を聞いて「これは絶対に優勝しないといけない」と思ったそうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

1区の大石が作った流れは今回、途切れることなく最終区まで続き、2区の太田、5区の田中、6区の西山雄介と区間賞が3つ。優勝を経験している2人が身をもって伝えたかった「勝利の継承」が成立し、大石は「最高の終わり方ができました」と笑顔を見せた。

文/小森貞子

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km) 久しぶりに赤城おろしが猛威を振るった今年の全日本実業団対抗駅伝。今や日本長距離界のエースに成長した太田智樹が最長2区(21.9km)で首位に立ち、その後はどこにも先頭を明け渡さなかったトヨタ自動車が、4時間49分02秒で8年ぶり4回目の優勝を飾った。 2022年から指揮を執る熊本剛監督は、2011年の初優勝時のアンカー。そして、2015~16年の連覇に貢献したのが、今回1区の大石港与(35歳)と5区の田中秀幸(33歳)。田中は当時6区で2年連続の区間賞。大石も15年に5区で区間賞を取っている。今年は初の5区で区間賞に輝いた田中。レース後に語った熱い言葉が、じんわりと後輩たちの胸に響いた。 「トヨタ自動車が駅伝で勝ち続けるには、大石さんがラストランになる今年、絶対に勝っておく必要があったんです」 2016年以降、優勝はなかったが、2位と3位が3回ずつ。一番悪くても22年の5位だから、トヨタ自動車の安定感はずば抜けている。しかも、夏場のオリンピックや世界選手権にはマラソンで代表を送り出し、個人でもチームとしても好成績を残してきた。 それでも大石は、駅伝で勝てなかったこの7年間、「どこかに失敗があって自滅していた。優勝できるのにできなかったもどかしさがあった」と明かす。田中も「優勝を狙っての負けで、1月1日に7人全員がそろってピークを合わせる難しさを感じていた」と言う。 だからこそ、大石が最後の駅伝と決めた今回、きっちりと勝っておきたい。優勝経験のあるベテラン2人は、その意思をしっかりと走りで示した。ここ3年、1区を務めてきた田中を後半の要になる5区にまわし、大石が初めての1区。これには駅伝の戦略に長けている佐藤敏信総監督の思惑があった。 「大石は12月の日本選手権10000mで14位でしたけど、途中5000mを13分59秒で通過して、フィニッシュタイムも28分10秒50です。あの走りを見て『駅伝の1区もありだな』と思いました。田中はマラソン練習をやるようになって、高いポテンシャルを発揮し始めました。これだったら5区でも行けるな、と」 もちろん2区に太田、3区にスーパールーキーの田澤廉と、最初に主要区間のピースをはめられたからこそのオーダーだが、ベテラン2人はこの起用に応えて、大石は先頭と4秒差の4位スタート。5区の田中はライバル・Hondaとの差を1分29秒に拡大して優勝を決定づけた。 「プレッシャーと戦えなくなってきた」ことを引退の理由に挙げた大石が、最後のプレッシャーと戦って1区の役割を十二分に果たした。その姿に、田中は「ものすごく勇気をもらった」と、自分自身のスイッチを入れ直した。2年連続でアンカーを任されたキャプテンの服部勇馬は、大石の駅伝ラストランの話を聞いて「これは絶対に優勝しないといけない」と思ったそうだ。 1区の大石が作った流れは今回、途切れることなく最終区まで続き、2区の太田、5区の田中、6区の西山雄介と区間賞が3つ。優勝を経験している2人が身をもって伝えたかった「勝利の継承」が成立し、大石は「最高の終わり方ができました」と笑顔を見せた。 文/小森貞子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top