HOME 国内

2024.01.01

岡田久美子10kmで14年ぶり日本新 不調で昨秋は一時引退を考えるも、さらなる進化に手応えつかむ/元旦競歩
岡田久美子10kmで14年ぶり日本新 不調で昨秋は一時引退を考えるも、さらなる進化に手応えつかむ/元旦競歩

岡田久美子(富士通)

◇第72回元旦競歩(1月1日/東京・神宮外苑絵画館20km競歩路コース)

女子大学・一般10kmは岡田久美子(富士通)が42分46秒の日本新記録で優勝した。これまでの日本記録は2010年に川﨑真裕美(富士通)がマークした42分50秒で、14年ぶりに塗り替えた。

「信じられないです」と話した岡田。1周1350mを7周あまり歩くコースで行われた。序盤から昨年のブダペスト世界選手権20km代表の柳井綾音(立命大)が先行。ハイペースを刻むなか、岡田はやや離れてついていった。

「夢中で歩いていました。柳井さんから勇気をもらいました」と岡田。序盤は10秒ほどの差があったが、後半に入り、徐々につまる。「勝手にペースが上がっていきました」。残り2周で柳井に追いついた。

ラスト1周に入り、「日本記録って声が聞こえて、『そうなの』と思って振り絞りました」。笑顔で振り返った。

1991年生まれで、これまで女子競歩を牽引してきた。20kmでは五輪に2016年リオ、21年東京と2大会連続で出場。世界選手権は5大会連続で代表に選ばれた。昨年のブダペストもその1つで35kmに出場予定だったが、直前に腰を痛めて欠場している。

「どうしてケガをしたのだろうかと悩んでいました。調べてみると、身体の筋肉で柔らかい部分と固い部分があり、腰は柔らかいけど、胸椎と股関節から脚が固く、柔らかい腰の可動域に動きが合っていなくて、そこがケガにつながっているのではと思いました」

これまでは力強さを出そうと取り組んでいたそうだが、トレーナーと相談して、柔軟性のあるしなやかな筋肉を目指し、ストレッチや動き作りなどを行ってきたという。

しかし、状態はなかなか上がらず、「ブダペストの欠場と合わせて精神的にもきつくて、引退も考えました。両親にも厳しいかもと言いました」。実はこの元旦競歩に両親も呼んでいた。

練習を詰めるようになったのは12月に入ってから。「1km4分30秒ぐらいのペースでしか歩けなかった」と言うが、取り組んできたことがレースに生きたようだ。風が強い中でも「全身にバネがある感じで、身体をうまく使うことができました」。柳井のハイペースにも食らいついた。

五輪実施種目ではないものの、日本記録を更新。「まだ信じられないような気持ちです」。これでトラック、ロードを含めて競歩5種目めの日本記録保持者(トラック2種目、ロード3種目)となる。

次はパリ五輪代表選考会となる2月18日の日本選手権20km(兵庫・神戸)に出場する。「もう1回身体を作り直して、パリで戦えるようにしたいです。言っていることが11月頃と違いますが」と笑顔で話していた。

◇第72回元旦競歩(1月1日/東京・神宮外苑絵画館20km競歩路コース) 女子大学・一般10kmは岡田久美子(富士通)が42分46秒の日本新記録で優勝した。これまでの日本記録は2010年に川﨑真裕美(富士通)がマークした42分50秒で、14年ぶりに塗り替えた。 「信じられないです」と話した岡田。1周1350mを7周あまり歩くコースで行われた。序盤から昨年のブダペスト世界選手権20km代表の柳井綾音(立命大)が先行。ハイペースを刻むなか、岡田はやや離れてついていった。 「夢中で歩いていました。柳井さんから勇気をもらいました」と岡田。序盤は10秒ほどの差があったが、後半に入り、徐々につまる。「勝手にペースが上がっていきました」。残り2周で柳井に追いついた。 ラスト1周に入り、「日本記録って声が聞こえて、『そうなの』と思って振り絞りました」。笑顔で振り返った。 1991年生まれで、これまで女子競歩を牽引してきた。20kmでは五輪に2016年リオ、21年東京と2大会連続で出場。世界選手権は5大会連続で代表に選ばれた。昨年のブダペストもその1つで35kmに出場予定だったが、直前に腰を痛めて欠場している。 「どうしてケガをしたのだろうかと悩んでいました。調べてみると、身体の筋肉で柔らかい部分と固い部分があり、腰は柔らかいけど、胸椎と股関節から脚が固く、柔らかい腰の可動域に動きが合っていなくて、そこがケガにつながっているのではと思いました」 これまでは力強さを出そうと取り組んでいたそうだが、トレーナーと相談して、柔軟性のあるしなやかな筋肉を目指し、ストレッチや動き作りなどを行ってきたという。 しかし、状態はなかなか上がらず、「ブダペストの欠場と合わせて精神的にもきつくて、引退も考えました。両親にも厳しいかもと言いました」。実はこの元旦競歩に両親も呼んでいた。 練習を詰めるようになったのは12月に入ってから。「1km4分30秒ぐらいのペースでしか歩けなかった」と言うが、取り組んできたことがレースに生きたようだ。風が強い中でも「全身にバネがある感じで、身体をうまく使うことができました」。柳井のハイペースにも食らいついた。 五輪実施種目ではないものの、日本記録を更新。「まだ信じられないような気持ちです」。これでトラック、ロードを含めて競歩5種目めの日本記録保持者(トラック2種目、ロード3種目)となる。 次はパリ五輪代表選考会となる2月18日の日本選手権20km(兵庫・神戸)に出場する。「もう1回身体を作り直して、パリで戦えるようにしたいです。言っていることが11月頃と違いますが」と笑顔で話していた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top