HOME 駅伝

2024.01.01

2区・トヨタ自動車の太田智樹が圧巻の区間賞!1区の弟・直希に続き兄弟区間賞、別チームでは初/ニューイヤー駅伝
2区・トヨタ自動車の太田智樹が圧巻の区間賞!1区の弟・直希に続き兄弟区間賞、別チームでは初/ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝・2区で区間賞を獲得し、チームをトップに押し上げたトヨタ自動車・太田智樹

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km)

ニューイヤー駅伝が行われ、最長21.9kmの2区はトヨタ自動車の太田智樹が区間賞を獲得。前回3区に続いて2年連続となる。ただ1人1時間2分切りとなる1時間1分40秒をマークし、1km2分48秒ペースという圧巻の走りだった。

広告の下にコンテンツが続きます

なお、1区では弟の直希(ヤクルト)が区間賞。兄弟区間賞は同一チームでは2016年・旭化成の市田兄弟(4区・孝、6区・宏)以来だが、別チームとしては史上初となる。

昨年12月の日本選手権10000mで日本新となる27分12秒53(日本歴代2位)をマークして2位に入っていた太田。4位でタスキを受けると、5kmを13分57秒で通過した。後ろからハイペースで突っ込んできたKaoの池田耀平に追いつかれるも、太田は自分のペースを守る。

10kmを前に徐々に池田を引き離すと、その後は一人旅となり、2位のKaoに34秒の差をつけた。

太田は「日本選手権明けで不安もありましたが、区間賞と先頭で渡すことができてホッとしています」と安堵の表情。「1年通して大きなケガなく練習を積めた」のが好調の要因と話す。

広告の下にコンテンツが続きます

トヨタ自動車が8年ぶり日本一へ。タスキはスーパールーキーの田澤廉へと渡った。

◇第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝/1月1日、群馬県庁発着・7区間100km) ニューイヤー駅伝が行われ、最長21.9kmの2区はトヨタ自動車の太田智樹が区間賞を獲得。前回3区に続いて2年連続となる。ただ1人1時間2分切りとなる1時間1分40秒をマークし、1km2分48秒ペースという圧巻の走りだった。 なお、1区では弟の直希(ヤクルト)が区間賞。兄弟区間賞は同一チームでは2016年・旭化成の市田兄弟(4区・孝、6区・宏)以来だが、別チームとしては史上初となる。 昨年12月の日本選手権10000mで日本新となる27分12秒53(日本歴代2位)をマークして2位に入っていた太田。4位でタスキを受けると、5kmを13分57秒で通過した。後ろからハイペースで突っ込んできたKaoの池田耀平に追いつかれるも、太田は自分のペースを守る。 10kmを前に徐々に池田を引き離すと、その後は一人旅となり、2位のKaoに34秒の差をつけた。 太田は「日本選手権明けで不安もありましたが、区間賞と先頭で渡すことができてホッとしています」と安堵の表情。「1年通して大きなケガなく練習を積めた」のが好調の要因と話す。 トヨタ自動車が8年ぶり日本一へ。タスキはスーパールーキーの田澤廉へと渡った。

ニューイヤー駅伝2区区間成績

1位 太田智樹(トヨタ自動車) 1時間01分40秒 2位 池田耀平(Kao) 1時間02分06秒 3位 中山顕(Honda) 1時間02分22秒 3位 菊地駿弥(中国電力) 1時間02分22秒 5位 近藤幸太郎(SGホールディングス) 1時間02分23秒 6位 大六野秀畝(旭化成) 1時間02分39秒 7位 今江勇人(GMOインターネットグループ) 1時間02分42秒 8位 細谷恭平(黒崎播磨) 1時間02分44秒 9位 古賀淳紫(安川電機) 1時間02分49秒 10位 難波天(トーエネック) 1時間03分05秒 [adinserter block="4"]11位 井上大仁(三菱重工) 1時間03分06秒 12位 栃木渡(ひらまつ病院) 1時間03分09秒 13位 浦野雄平(富士通) 1時間03分20秒 14位 橋本龍一(プレス工業) 1時間03分25秒 15位 細森大輔(YKK) 1時間03分31秒 16位 谷原先嘉(大阪府警) 1時間03分37秒 17位 横田玖磨(トヨタ自動車九州) 1時間03分39秒 18位 市山翼(サンベルクス) 1時間03分40秒 19位 坂東剛(大阪ガス) 1時間03分54秒 20位 相葉直紀(中電工) 1時間03分56秒 [adinserter block="4"]20位 清水歓太(SUBARU) 1時間03分56秒 22位 赤﨑暁(九電工) 1時間03分59秒 23位 小野寺悠(トヨタ紡織) 1時間04分02秒 24位 小椋裕介(ヤクルト) 1時間04分10秒 25位 柏優吾(コニカミノルタ) 1時間04分14秒 26位 内田健太(埼玉医科大学G) 1時間04分15秒 27位 篠原楓(富士山の銘水) 1時間04分16秒 28位 延藤潤(マツダ) 1時間04分17秒 29位 一色恭志(NTT西日本) 1時間04分18秒 30位 金子晃裕(コモディイイダ) 1時間04分23秒 [adinserter block="4"]30位 高田康暉(住友電工) 1時間04分23秒 32位 富安央(愛三工業) 1時間04分31秒 33位 橋本尚斗(大塚製薬) 1時間04分41秒 34位 小森稜太(NTN) 1時間04分54秒 35位 斉藤翔太(JFEスチール) 1時間04分56秒 36位 樋口大介(中央発條) 1時間04分59秒 37位 藤本珠輝(ロジスティード) 1時間05分23秒 38位 鈴木太基(NDソフト) 1時間05分24秒 38位 設楽悠太(西鉄) 1時間05分24秒 40位 其田健也(JR東日本) 1時間05分32秒 41位 住田優範(愛知製鋼) 1時間06分32秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top