HOME 駅伝

2023.12.30

3年ぶり王座奪還期す富士通の3区・塩尻和也「勝てるようにチーム一丸で」/ニューイヤー駅伝前々日会見
3年ぶり王座奪還期す富士通の3区・塩尻和也「勝てるようにチーム一丸で」/ニューイヤー駅伝前々日会見

23年日本選手権10000mを日本新記録で制した塩尻和也

2024年正月に行われる第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)を2日後に控えた12月30日、有力チームの主軸たちが顔をそろえて記者会見が行われた。

3年ぶりの優勝を狙う富士通は、3区に入った塩尻和也が出席。「ニューイヤーではここ2年負けている。勝てるようにチーム一丸でがんばりたい」と言葉に力を込めた。

広告の下にコンテンツが続きます

12月10日の日本選手権10000mを27分09秒80の日本新記録で制した後の初レースとなるが、「日本選手権を終えてからはチームに合流して練習を詰めている。状態は悪くない」と言う。

大幅な区間変更が行われたこともあるが、これまで5区を中心に後半区間を務めることが多く、前半での登場は初。「前半区間はトラックのタイム以上のタイムで走ることが多い。突っ込んだ走りができれば、トラックにも生きてくる」と今後に生かす狙いも口にした。

同じ3区には、日本選手権でデッドヒートを繰り広げた旭化成の相澤晃、トヨタ自動車の田澤廉らが名を連ねたが、「3区を走る選手は意識するが、今回は駅伝。まずは自分の走りをして、しっかり次の区間へつなぐことが大事」と自分自身に集中する。

最長区間の2区は浦野雄平が担当し、1区は主将・坂東悠汰、アンカーには中村匠吾と東京五輪代表組が登録。その中で、チームの浮沈のカギを握っていることは自覚している。

広告の下にコンテンツが続きます

「前のほうでタスキをもらえれえばトップに立って、後続との差を話して次の区間に渡したい」

群馬・伊勢崎清明高出身の塩尻にとって、まさに地元が3区の出発点となる。「普段応援してくださっている県民の方々に、少しでも元気を与えられば」。日本最速ランナーが、名門を王座奪還へと導く。

大会は1月1日、群馬県庁前をスタート・フィニッシュとする7区間100kmのコースに41チームが出場して行われる。スタートは午前9時15分。大会の模様はTBS系列で午前8時30分から生中継される。

2024年正月に行われる第68回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)を2日後に控えた12月30日、有力チームの主軸たちが顔をそろえて記者会見が行われた。 3年ぶりの優勝を狙う富士通は、3区に入った塩尻和也が出席。「ニューイヤーではここ2年負けている。勝てるようにチーム一丸でがんばりたい」と言葉に力を込めた。 12月10日の日本選手権10000mを27分09秒80の日本新記録で制した後の初レースとなるが、「日本選手権を終えてからはチームに合流して練習を詰めている。状態は悪くない」と言う。 大幅な区間変更が行われたこともあるが、これまで5区を中心に後半区間を務めることが多く、前半での登場は初。「前半区間はトラックのタイム以上のタイムで走ることが多い。突っ込んだ走りができれば、トラックにも生きてくる」と今後に生かす狙いも口にした。 同じ3区には、日本選手権でデッドヒートを繰り広げた旭化成の相澤晃、トヨタ自動車の田澤廉らが名を連ねたが、「3区を走る選手は意識するが、今回は駅伝。まずは自分の走りをして、しっかり次の区間へつなぐことが大事」と自分自身に集中する。 最長区間の2区は浦野雄平が担当し、1区は主将・坂東悠汰、アンカーには中村匠吾と東京五輪代表組が登録。その中で、チームの浮沈のカギを握っていることは自覚している。 「前のほうでタスキをもらえれえばトップに立って、後続との差を話して次の区間に渡したい」 群馬・伊勢崎清明高出身の塩尻にとって、まさに地元が3区の出発点となる。「普段応援してくださっている県民の方々に、少しでも元気を与えられば」。日本最速ランナーが、名門を王座奪還へと導く。 大会は1月1日、群馬県庁前をスタート・フィニッシュとする7区間100kmのコースに41チームが出場して行われる。スタートは午前9時15分。大会の模様はTBS系列で午前8時30分から生中継される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top