HOME 駅伝

2023.12.30

玉川大・山田桃愛が最後の学生駅伝で区間3位「陸上楽しさ改めて実感した1年」大病、ケガ、メンバー漏れ…挫折乗り越えこれからも走り続ける/富士山女子駅伝
玉川大・山田桃愛が最後の学生駅伝で区間3位「陸上楽しさ改めて実感した1年」大病、ケガ、メンバー漏れ…挫折乗り越えこれからも走り続ける/富士山女子駅伝

23年富士山女子駅伝でタスキをつなぐ玉川大の山田桃愛

◇2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝、2023年12月30日/静岡・富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場:7区間43.4km)

2大大学女子駅伝の一つ、富士山女子駅伝が行われ名城大が2時間22分42秒で6連覇を達成した。

総合13位に入った玉川大で2区区間3位と快走したのが日本インカレ3000m障害優勝の山田桃愛(4年)。19位でタスキを受けると12人抜きの力走で7位で中継した。

「全体で5位まで順位を上げたかったので、結構、悔しいです。玉川大は長い距離を走れる選手がまだ育っていないので、なるべく稼いで後半楽にさせてあげたかったのですが、今の自分の力で(そう思うの)はおこがましかったですね」

そう言って笑う表情は悔しさとともに、駅伝を走れた喜びであふれていた。人一倍、“走る”喜びは感じているのかもしれない。

埼玉の市川口高出身。小学校2年から陸上を始めたが、小6の9月に高熱が続いたため病院にかかると、慢性の骨髄性白血病と診断された。4ヵ月は車椅子生活。その後は、身体を戻しては痩せ、また戻して、を繰り返す日々だった。

中1で運動を再開し、バスケットボール部に入った。じっくり走れたのは「駅伝の時期だけ」だった。高校で陸上部へ。大学1年目の夏に寛解状態と診断されたが、今も定期的に検査をして薬は飲み続ける。

昨年は悔しさを味わった1年。秋の日本インカレでは最後の水濠でバランスを崩して転倒。挽回して9位に入ったが、左足を着いた際に第五中足骨を骨折し、ラストスパートで悪化したという。

さらに、富士山女子駅伝ではメンバー入りできず。「応援で前日に入ったんです」。これまでで一番つらかった時期を聞かれると、「前回の富士山で走れなかったこと」。そこから1年。悔しさをバネに成長した今季だった。

3000m障害では日本選手権にも出場。その経験から「もっと大きな舞台で走りたい」と気持ちを高めると、日本インカレではリベンジの優勝を果たした。

そして、1年越しの富士山女子駅伝。「今回は前泊ではなく、何日か前から現地に入らせていただきました。うれしくもあり、悔しくもあり」。

飛躍の1年を振り返り、「走る度にほとんどベスト。陸上の楽しさを改めて実感できました」。つらいことを乗り越えたからこそ、伝えられることがある。

「車椅子からスタートして、大学の最後の最後に結果を出せるようになりました。結果論かもしれないし、私は結果を出せたから言えるのかもしれませんが、あきらめなければ、ちょっとは自分を認められるのかなって。だから、病気を持つ人には、『あきらめずに一緒に頑張ろう』ってお伝えしたいです」

日本インカレでは「未定」としていた卒業後は、地元・埼玉の企業でもある実業団チームで競技を続ける予定で、「富士山の前日に内定をもらったんです」と笑う。

これからも全身全霊をかけて、走る喜びと支えてくれた人たちへの感謝を表現していく。

◇2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝、2023年12月30日/静岡・富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場:7区間43.4km) 2大大学女子駅伝の一つ、富士山女子駅伝が行われ名城大が2時間22分42秒で6連覇を達成した。 総合13位に入った玉川大で2区区間3位と快走したのが日本インカレ3000m障害優勝の山田桃愛(4年)。19位でタスキを受けると12人抜きの力走で7位で中継した。 「全体で5位まで順位を上げたかったので、結構、悔しいです。玉川大は長い距離を走れる選手がまだ育っていないので、なるべく稼いで後半楽にさせてあげたかったのですが、今の自分の力で(そう思うの)はおこがましかったですね」 そう言って笑う表情は悔しさとともに、駅伝を走れた喜びであふれていた。人一倍、“走る”喜びは感じているのかもしれない。 埼玉の市川口高出身。小学校2年から陸上を始めたが、小6の9月に高熱が続いたため病院にかかると、慢性の骨髄性白血病と診断された。4ヵ月は車椅子生活。その後は、身体を戻しては痩せ、また戻して、を繰り返す日々だった。 中1で運動を再開し、バスケットボール部に入った。じっくり走れたのは「駅伝の時期だけ」だった。高校で陸上部へ。大学1年目の夏に寛解状態と診断されたが、今も定期的に検査をして薬は飲み続ける。 昨年は悔しさを味わった1年。秋の日本インカレでは最後の水濠でバランスを崩して転倒。挽回して9位に入ったが、左足を着いた際に第五中足骨を骨折し、ラストスパートで悪化したという。 さらに、富士山女子駅伝ではメンバー入りできず。「応援で前日に入ったんです」。これまでで一番つらかった時期を聞かれると、「前回の富士山で走れなかったこと」。そこから1年。悔しさをバネに成長した今季だった。 3000m障害では日本選手権にも出場。その経験から「もっと大きな舞台で走りたい」と気持ちを高めると、日本インカレではリベンジの優勝を果たした。 そして、1年越しの富士山女子駅伝。「今回は前泊ではなく、何日か前から現地に入らせていただきました。うれしくもあり、悔しくもあり」。 飛躍の1年を振り返り、「走る度にほとんどベスト。陸上の楽しさを改めて実感できました」。つらいことを乗り越えたからこそ、伝えられることがある。 「車椅子からスタートして、大学の最後の最後に結果を出せるようになりました。結果論かもしれないし、私は結果を出せたから言えるのかもしれませんが、あきらめなければ、ちょっとは自分を認められるのかなって。だから、病気を持つ人には、『あきらめずに一緒に頑張ろう』ってお伝えしたいです」 日本インカレでは「未定」としていた卒業後は、地元・埼玉の企業でもある実業団チームで競技を続ける予定で、「富士山の前日に内定をもらったんです」と笑う。 これからも全身全霊をかけて、走る喜びと支えてくれた人たちへの感謝を表現していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top